1. TOP
  2. よくある質問「クレジットの現金化は違法なのですか?」

よくある質問「クレジットの現金化は違法なのですか?」

クレジットカード現金化とは、クレジットカードについているショッピング枠を使って現金を得ることを言います。

この方法は、ローンを組んだり消費者金融からお金を借りたりという方法と比べるとまだまだマイナーな方法であり、その違法性が論じられることもしばしばあります。

だからこそ、クレジット現金化を利用ようと思った時、よく「クレジットの現金化は違法なのですか?」という質問が行われるのです。

ここでは、クレジットカード現金化ははたして違法であるかどうか、お教えしたいと思います。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカード現金化の2種類の方法

クレジット現金化違法

クレジットカード現金化が違法であるかどうかと聞かれれば、「方法によっては違法性がある」と応えざるを得ません。

現金化には2種類の方式があり、ひとつの方法は違法であり、もうひとつの方法は違法ではないからです。

では、その2種類の方式を見てみましょう。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

買い取り方式

これは、換金性の高い商品を購入や換金率の良い商品券・ギフトカード・新幹線の回数券などを一旦クレジットカードで購入し、それを業者に買い取ってもらう形で現金を得ると言うものです。

利用した人で未だ逮捕者が出ていないとはいえ、これは違法な方法です。

なぜならば、クレジットカードで購入した商品は、支払いが全て完了するまでは所有権がカード会社にあるからです。

つまり、転売するという行為は所有権が自分にないものを勝手に売りさばいて現金を得ていると見なされ、「横領罪」に問われる可能性があるからです。

逮捕者が出ていないのは、全国でこの方法によって現金を得ている人が多く、また違法性がそれほど高くないという理由からです。

警察がその気になれば見せしめ的に逮捕をすることは十分に可能ですが、警察がたまたまそれをしていないというだけにすぎません。

カード会社は利用規約でこのようにして現金を得ることを承知していません。

それだけに怪しいと思った利用者(それまでは生活費の一部をカード払いでしていたような利用者が、いきなり換金性の高く高額なブランド品などをいきなり購入した場合など。

また商品券や新幹線の回数券などは特ににらまれやすい)に対して、カードの利用停止措置を取っています。

警察も、違法性の低いことをやっきになって取り締まるよりも、カード会社の措置に任せている、という雰囲気があります。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、クレジットカード現金化業者を通じて、ある商品を購入した特典としてキャッシュバックとして現金を受け取るというものです。

つまり、還元率が90%のサービスを10万円分利用したときには、キャッシュバックとして9万円の現金が得られることとなります。

この方法はいかに詳述する景表法という法律によって守られているため、違法性がありません。

また、一旦購入した商品を転売するわけでもなく、カードの利用停止措置を受ける心配もほとんどないのです。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

キャッシング方式と景表法

クレジット現金化違法

では、景表法とはどのような法律なのでしょうか。

これは、「不当景品類及び不当表示防止法」の略称であり、不当な景品や表示によって消費者に不利益が生じないように、禁止事項やいろいろな定めを設けている法律です。

景表法には、クローズド懸賞型、オープン懸賞型、共同懸賞型、もれなく型の4種類に分けてルールが設けられています。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

このうちもれなく型とは商品の購入者や入会者に対して、全員もれなく特典を与えるタイプのものを指しています。

キャッシュバック方式は利用者すべてに与えられる特典であるため、もれなく型に該当します。

もれなく型のルールは、取引額の10%以下の特典にすることであり、もし1000円商品を購入したときの特典は最高で100円になることです。

ならば80%や90%といった高還元率のクレジット現金化は違法なのでは?と思うかもしれません。

もれなく型には「割引券、ポイントバック、キャッシュバックならば10%以上の特典を付与することができる」という例外が設けられています。

したがって、極端なことを言えばキャッシュバック率が100%であろうとも、業者は景表法違反にはならないのです。

法律違反のサービスではないため、その利用者も罪に問われることはありません。

いわば、キャッシュバック方式のクレジット現金化は、よく大型の家電量販店で行われている「ポイントバック」と同様のサービスであるとみなすことができます。

家電量販店で家電を購入して特典を受け取ったとしても罪に問われることがないのと同じで、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化を利用しても違法になることはないのです。

だからこそ、安心してサービスを利用することができます。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ