1. TOP
  2. カードでお金を手に入れるための基礎知識まとめ

カードでお金を手に入れるための基礎知識まとめ

カードでお金を手に入れるための基礎知識。

カードを現金化する際に便利な銀行口座や、現金化のポイント、利用できるクレジットカード、利用停止に関しての情報をまとめました。

クレジットカード現金化口コミ

カード現金化が利用できる振込口座か確認しよう

AdobeStock_63801371_R

さまざまなメリットのあるクレジットカードのショッピング枠現金化ですが、現在でもクレジットカードの現金化は多彩なシーンで用いられていますし、それを専門とする業者も数多く存在します。

突然現金が必要になったのなら消費者金融などでキャッシングすればいいのでは、と考える方もいるかもしれませんが、消費者金融でキャッシングしたいのなら申込みしたあとに審査を受ける必要があります。

審査に受かればキャッシングが可能となりますが、一昔前と比べて現在では審査基準も厳しくなっていますし、数十分で融資可能という会社も少なくなっているのが現状です。

そのようなことを考慮すると、急な出費などにはクレジットカードの現金化がもっともベストな選択と言えますが、これから試してみるという方は現金化が利用できる銀行口座かどうかを確認しておく必要があります。

現在ではさまざまな現金化業者が存在しますが、そのほとんどがオンライン上で申し込みやクレジット決済を完了させ、その後銀行振り込みするというスタイルをとっています。

つまり、振込口座を持っていないことには現金化業者を利用しても現金を手にできないということになります。

また、振込口座を持っているという方でもいくつか注意点がありますから覚えておきましょう。

業者によって取り扱っている銀行口座は異なります。

ほとんどの方が知っている有名な大手銀行の預金口座のみ対応しているという業者もいますし、郵便局の口座のみ、ネットバンクのみという業者もいます。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

AdobeStock_74815304_R

柔軟に対応してくれる業者なら安心ですが、業者側も手数料などのことを考慮していくつかの口座に絞っていることが少なくありません。

そのため、これからクレジットカードのショッピング枠を現金化しようとしている方は、自分の持っている銀行口座をまずはチェックしてみましょう。

地方の小さな銀行の口座などは取り扱われていないこともありますから、そのようなケースだと振込みしてくれないこともあります。

事前に専用の口座を作りに行くというのもありですが、それはそれで時間もかかってしまいます。

できるだけいろいろな業者のウェブサイトを見てチェックしてみると良いかもしれません。

サイト上に対応している銀行を記載していないところもありますから、そのような場合は問い合わせしてみることをおススメします。

問い合わせしてみると業者の対応も知ることができるため一石二鳥です。

後悔しないように銀行口座の確認は忘れずにしておきましょう。

振込手数料が異なる場合もあり

AdobeStock_94546464_R

クレジットカードのショッピング枠現金化が可能な銀行口座かどうかをチェックするのは大切なことですし、もし利用しようと考えている業者が自分の持っている口座に対応していなければ新たに口座を開設するか、別の業者を探すしかありません。

ほとんどの業者はどの銀行でも問わないというケースが多いですが、稀に地方銀行は対応していないということもありますし、ネットバンクでのみ取引可能ということもあります。

そのため、まずは利用できる銀行口座なのかどうかをチェックする必要がありますが、それと同時に振込手数料についても確認しておかねばなりません。

振込手数料というのは、銀行のネットワークを利用して送金した場合にかかる手数料のことを指します。

要するにこれが銀行側の利益となるわけです。

振込手数料は銀行によって異なりますし、同じ系列の銀行同士の振込なら無料になるケースや、安くなるということもあります。

また、逆に手数料が比較的高くなってしまうということもありますから注意が必要です。

地方の銀行口座や誰も知らないようなマイナーバンクの口座だと手数料が高くなってしまうこともありますから、しっかりチェックしておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化業者を利用した場合、ほとんどのケースに置いて振込手数料は利用者負担となります。

つまり、振り込まれるのは業者の取り分と手数料を差し引いた額となりますから、少しでもお得に利用するのなら銀行口座はしっかり確認しておかねばならないのです。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

AdobeStock_99219265_R

現金化する額によっては手数料が高額になってしまうこともあります。

予想以上に多額のお金が手数料として引かれてしまうこともありますから、多額の決済をしてキャッシュバックを受けるのならしっかりチェックしておきましょう。

また、頻繁に現金化を利用するというケースでも手数料がもったいないですから、なるべく手数料の安くなる口座を持っておくことをおススメします。

もっともオススメなのはインターネットバンクではないでしょうか。

お金の動きをウェブ上で確認できますし、土日や祝日の振込にも対応していることが多いです。

現在ではさまざまなネットバンクがありますが、有名なネットバンク口座を利用している業者は多いですから、できれば知名度の高いネットバンクの口座を一つくらい開いておくと今後も便利かもしれません。

ネットバンクはさまざまなシーンでも利用できますから持っておくことをおススメします。

クレジットカードの種類にも気をつけよう

AdobeStock_90595885_R

ショッピングのときの強い味方クレジットカードですが、最近ではコンビニなどちょっとした買物にもクレカを利用する方が増えてきました。

一昔前までは大きな買物をしたり、海外旅行先で使うことが一般的でしたが、現在では日常生活の上で気軽に利用する方が増加傾向にあります。

利用することによってお得なポイントがたくさん貯まるようなカードもありますし、さまざまなメリットが付加していることもありますから、現在ではより利用する方が増えたのではないでしょうか。

これからクレジットカードのショッピング枠現金化をしようと考えている方は、銀行口座と同時に自分の持っているクレカについても確認しておきましょう。

クレカと一口に言ってもさまざまな種類がありますし、中には限られたところでしか利用のできないクレカも存在します。

現金化業者の中には特定のクレカに対応していないということも考えられますから、事前にしっかりと確認しておきましょう。

基本的にVISAやJCB、masterといった国際ブランドが付いているクレカなら大丈夫だと思いますが、マイナーな国内ブランドだと難しいこともあります。

念のために業者に確認を取ったほうが良いかもしれません。

AdobeStock_93870710_R

デパートや家電量販店などが発行しているクレカの中には、自由度が低いカードもあります。

国際ブランドが付いていれば大抵の店舗や会社で決済することが可能ですが、デパートや家電量販店、スーパーなどが発行しているカードではオリジナルブランドが付いていることも珍しくありません。

また、日頃からそのカードしか使えないところで買物をしている方だと、そのクレカがほかの場所で使えないという事実を知らないということもあり得ます。

クレジットカードならどこでも使える、どこでも決済できるというわけではありませんから、そこはしっかり覚えておいてください。

先ほどご紹介した国際ブランド付きのクレジットカードなら現金化はもちろん、さまざまな店舗で利用が可能です。

有名な三つほどの国際ブランドのうちどれかが利用できれば大抵大丈夫ですから、一枚持っておいて損はありません。

今後クレジットカードのショッピング枠を現金化するようなシーンがあるかもしれない、という方は自分の持っているクレカをまずは確認し、国際ブランドが付いていなければ早速作っておきましょう。

また、キャッシング枠が付いているカードなら現金化する前にキャッシングで何とかすることもできますよ。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

使い方によってクレジットカードの利用停止の可能性も

AdobeStock_78185653_R

クレジットカードでお金を手に入れたい、現金を手元に得たいと考える方が起こす行動の一つにショッピング枠の現金化が挙げられます。

基本的にはショッピングにしか利用できないショッピング枠を現金化することができればキャッシングのようにさまざまな決済方法を選択できますし、短期間の融資ならお得に利用することができるでしょう。

冠婚葬祭や突然のアクシデントなどで急にお金が必要になったときも対応できますし、クレカショッピング枠現金化にはさまざまなメリットが見出せます。

しかし、使い方によってはカードでお金を手に入れるどころではなく、カードが利用停止になってしまう可能性もありますから注意しましょう。

当たり前のことかもしれませんが、クレカのショッピング枠というのは買物をするために設けられた枠です。

そのため、このショッピング枠を現金化するということ自体をカード会社は認めていません。

カードの申し込みをするときに目を通すことになる契約書にもその旨は記載されているでしょう。

それにも関わらずカードのショッピング枠を現金化し、それがカード会社の知るところとなった時にはカードが利用停止になってしまうこともあります。

このあたりの判断はカード会社によって異なりますが、少しでも怪しいと感じられたら停止処置を受けてしまうため注意しましょう。

AdobeStock_52354791_R

ショッピング枠を現金化しようと考えた場合、多くの方はショッピング枠で購入したアイテムを転売するといった方法をチョイスするのではないでしょうか。

現在でもこのような手法を用いている方はたくさんいますし、専門に行っている業者も存在します。

このとき、少しでも換金性の高い商品券などを用いることが多いのですが、商品券や新幹線の回数券などは現金化に利用する方が後を絶たないためカード会社によっては購入できないこともありますし、あっさりカード利用停止になってしまうこともあります。

クレカを利用して購入した商品というのは、利用者の返済が終了するまではカード会社に所有権があります。

つまり、自分の手元に商品があるといってもそれは自分のものではないのです。

あくまで所有権そのものはカード会社にあるわけですから、それを転売するというのは横領罪にあたる可能性があります。

こうしたことについてもしっかり覚えておきましょう。

使い方によっては手持ちのクレカを現金化するどころか、カードを利用停止にされてしまうことがあるということも理解した上で現金化にチャレンジしましょう。

クレジットカード会社は購入品を確認している

AdobeStock_50140615_R

クレジットカード会社は利用者がどのようなアイテムをカードで購入したかということをチェックできます。

また、購入品を確認する段階で現金化を疑われてしまい結果的にカードが利用停止になるということも充分あり得ます。

ショッピング枠の現金化を認めているような会社はありませんし、ほとんどの会社は現金化を禁じています。

そのため、ショッピング枠を現金化するため、商品を転売するために購入していると判断されてしまった場合にはカード利用停止という処置を下すこともあるのです。

では、実際クレカで換金性の高いアイテムを購入して、転売したという事実もカード会社にばれてしまうのかということですが、これはまずばれることはないでしょう。

もちろん、個体を特定できるアイテムならそれも可能かもしれませんが、カード会社がそこまでして調査するということはまずありません。

わざわざそのような労力を使うとは考えにくいですし、そのような調査ができるとも思えません。

ただ、商品券や新幹線の回数券といった換金性の高いアイテムはこれまで現金化に使われてきた経緯がありますから、それをカードで大量購入してしまうとその時点でカード利用停止になってしまうことはあります。

転売したことがばれたとか言う以前に、そのような怪しい動きをしているという理由で停止処置を受けることがあるのです。

AdobeStock_16115915_R

また、人によってはカード会社が現金化目的でないかどうかをチェックするために、カード購入したアイテムが手元にあるかどうかを調べているのではと思っている方もいます。

しかし、実際にはこのようなことはしていませんし、このようなことがあったという実例もありません。

仮に自宅まで「購入した商品を見せてください」とカード会社の人間がやってきても、「そんな義務はありません」と断れば済みます。

それ以上の捜査権はカード会社の一社員にありませんし、強制される筋合いも理由もありません。

堂々と胸を張って断りましょう。

カード購入したものを転売したかどうか、手元にあるかどうかを調べることはまずありませんが、先ほども言ったように換金性の高いアイテムを大量買いなどしてしまうと怪しまれてしまいます。

商品券や新幹線の回数券などは特に注意が必要です。

逆に言えば、換金性の低いアイテムをチョイスして転売すれば怪しまれることもないでしょう。

また、転売による現金化でなくキャッシュバック方式の業者を利用するとこのようなリスクも低くできます。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ