1. TOP
  2. 誰にもバレずに内緒でクレジットカードを現金化する方法
クレジットカード現金化マニュアル

誰にもバレずに内緒でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの現金化をする時、誰もがバレないようにしたいものでしょう。

誰にもバレずないで、内緒でカードを現金化する方法を見ていきましょう。

絶対にばれないためのひと手間とは

何よりも現金が必要な方にとって消費者金融のキャッシングは便利な存在ですが、現在はクレジットカードの現金化という方法もあります。

クレジットカードの現金化が支持されている理由のひとつに、スピーディーな振り込みがあります。

消費者金融のキャッシングでもオンラインで申し込みをすることでスピーディーな対応を行っていますが、審査が発生するためどうしても時間がかかってしまうのです。

場合によっては職場に在籍確認の電話がかかって来ることもあります。

そのため、職場の人間にキャッシングがばれる可能性もあるのです。

誰もがキャッシングをばれないようにしたいものでしょう。

しかし、クレジットカードの現金化であればオンラインで申し込みが可能です。

そのため、店舗に足を運ぶ必要もありませんし、他人の目を気にすることもありません。

消費者金融は窓口や無人契約機で申し込みが出来ますが、その姿を他人に見られることもあります。

そのため、クレジットカードの現金化はそういったばれるリスクを避けることが出来ます。

さらに、現金は振り込みで受け取るので安心です。

クレジットカード現金化であれば申込みからカード決済、入金までもがオンラインで完結できる業者がほとんどで、店舗に来店することも業者と話すこともなく現金を受け取れます。

面倒な手続きは一切なく現金を用意できる魅力のある方法なのです。

クレジットカード現金化は、ショッピングの体裁を取っているので、必ず、何らかの品物の納品があります。

通常は、宅配便で自宅に届く形です。

しかし、「買取くん」という業者であれば、商品の納品をメールで済ませてくれます。

これなら、宅配業者が商品を家に運んでくることはないので、よりバレずに現金化できるでしょう。

買取くん詳しい内容はこちら。

また、独り暮らしであれば問題ありませんが、カード会社からの請求書を家族に見られる可能性もあります。

家族に内緒にしている方はそれがきっかけでばれてしまうかもしれません。

そのため、利用明細をオンラインで確認出来るように設定しておきましょう。

これによって家族に知られる心配は無くなります。

こういった手続きは会社によって異なりますので、クレジットカードの裏面に書かれたカスタマーサポートセンターに問い合わせましょう。

また、こういった現金化サービスはショッピング枠を利用したものですので、消費者金融のキャッシングと異なり借金ではありません。

そのため、信用情報機関に記録されることはありません。

そのため、すでに消費者金融からお金を借りており、それが限度額に達していても現金化は可能です。

住宅ローンや自動車ローンにも影響を与えません。

自分名義でショッピング枠の残されたクレジットカードであれば、誰もが気軽に出来るのです。

そして、返済は現金化業者ではなくクレジットカード会社に、基本的に一括で行います。

必要なものは3つだけ

こういった現金化サービスをする上で、3つの条件を満たしたクレジットカードが必要です。

それは、自分名義であること、有効期限が切れていないこと、ショッピング枠の残りがあること、以上の3つです。

名義と有効期限はすぐに分かりますが、ショッピング枠は分からないこともあります。

これが残り少なくなっていると現金化が出来ません。

クレジットカードの裏面にカスタマーサポートセンターの電話番号があるので、そちらで確認してください。

また、自分でショッピング枠を調べておくと申し込みをスムーズにすることが出来ます。

さらに、クレジットカードの種類によっては現金化が出来ないこともありますので、事前に業者に確認をしておきましょう。

そのほかに必要な物は身分証明証です。

運転免許証やパスポートで本人確認をしなければ、本当に自分名義のクレジットカードである証明が出来ません。

身分証明証の提出は初回のみに行われ、2回目以降は必要ありません。

そのため、2回目以降の利用はよりスピーディーになります。

これはあくまで本人確認のためだけに使用されます。

さらに、消費者金融のキャッシングのように年収や勤続年数、雇用形態などを伝える必要もありませんし、職場に在籍確認の電話もありません。

現金化サービスにおいて現金の受け取りは振り込みで行われます。

そのため、受け取り用の金融機関の口座が必要になりますが、業者の指定する金融機関であれば振り込み手数料が無料になることもあります。

また、金融機関は15時までしか営業を行っていませんので、15時以降の申し込みは振り込みが翌営業日になってしまいます。

しかし、業者の指定する金融機関であれば15時以降の申し込みでも振り込んでもらえるので、自分の金融機関の口座がそれに該当しているか確認しておきましょう。

また、業者の指定する金融機関以外でも、15時までに申し込みを済ませれば即日振り込みは可能ですが、15時ギリギリでは危険です。

どうしても手続きに15分ほど時間がかかってしまうので、14時半には申し込みを済ませましょう。

また、業者によっては即日振り込みのスピーディープランと、ノーマルプランの二種類のプランに分けられていることもあります。

スピーディープランは即日振り込みに対応していますが、その分だけ還元率が低く設定されています。

そのため、受け取る現金が少なくなってもスピードを重視するのであれば、スピーディープランを利用しましょう。

カード会社から電話が!もしかしてばれた?

ショッピング枠の現金化は法律に触れるものではありません。

そのため、これまで現金化方法がきっかけとなって利用者が逮捕されたことは無いのです。

しかし、こういった現金化はクレジットカード会社の利用規約に反しているため、クレジットカードの利用停止などのペナルティを受けることもあります。

これは現金化業者も同様でペナルティを受ける可能性もあるのです。

そのため、業者としても極力ペナルティを受けないように手続きを進めます。

しかし、クレジットカードの現金化をしており、クレジットカード会社から電話連絡があることがあります。

こうなってしまうと誰もが、利用停止なるのではないか、と不安になることでしょう。

しかし、必ずしも電話があるとは限りません。

特に電話連絡をされやすい原因のひとつとして、一度に高額のショッピング枠を現金化する、というものがあります。

クレジットカード会社は現金化だけでなく、安全面の確保のために不正利用にも目を見張っています。

そのため、高額なショッピングが行われると、まず利用者に確認をしてから認証を行っているのです。

特に買い取り方式のクレジットカード現金化を行う業者は、換金性の高い商品を購入するように指示します。

これによって、電話確認されやすくなってしまうのです。

しかし、電話内容は本人確認程度ですので買い物の目的まで聞かれることはありません。

そのほかに注意したいことは銀行が発行しているクレジットカードです。

特に三井住友銀行、西日本シティ銀行によるものは、自社のオンライン決済に厳しくなっています。

しかし、完全に現金化が出来ないということではありませんので安心しましょう。

クレジットカード会社はリアルタイムに顧客の利用状況を把握しています。

そのため、少しでも不審な利用をしている顧客をマークするようにしており、特に換金性の高い商品の購入に目を光らせています。

現金化が疑われる顧客に対して電話確認がある、と書きましたがこれには注意を促す意味も含まれています。

この電話確認でも改善されないようでしたら、利用停止になってしまうのです。

また、クレジットカードにはキャッシング機能も付いているものですが、クレジットカード会社はこちらにも目を光らせています。

キャッシングを利用している時点でお金に困っているという証拠ですので、特にマークされやすいのです。

すでにキャッシング枠を利用しており、なおかつ現金化を考えている方は注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル