1. TOP
  2. 悪徳業者を排除!クレカ現金化の流れをしっかり確認

悪徳業者を排除!クレカ現金化の流れをしっかり確認

必要なもの 現金化の方法 この記事は約 6 分で読めます。
クレカ現金化流れ

クレジットカード現金化の流れは、多くの業者で大体一致しています。

だからこそ、流れをきちんと把握することによって、悪質業者を避けられる確率がグンと上がります。

クレジットカード現金化口コミ

流れの確認は大切です

クレカ現金化流れ

クレジットカード現金化は、クレジットカードさえ持っていれば現金を手に入れられるため、知っておくと緊急の際などに非常に役立つ方法です。

しかし、完全にホワイトとは言い切れず、法的な整備もあまりなされていない業界であることから、クレジットカード現金化業者の中には悪質業者も多く、トラブルに巻き込まれてしまう人も少なくありません。

クレジットカード現金化でトラブルに巻き込まれる理由はいくつかあるのですが、クレジットカード現金化の流れをイマイチ把握していないために、被害に遭う事例がよく見られます。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. 買取くん

    自宅に商品が届かないという、画期的な手法を取り入れている買取くん。
    商品は電子商材がメールで届くだけなので、スムーズに取引が完了。
    主婦の方など、現金化で購入した物が家に届いてはまずい人にピッタリのお店。
    女性限定のキャンペーンも行っており、女性のためのお店と言えます。

    公式サイトへ

現金化業者によって流れが異なることもありますが、流れさえきちんと把握していれば、実際に手続きをする中で普通の流れとは思えないことが出てくれば、「なんだかおかしいぞ?」と勘づくことができます。

しかし、流れを把握していない人は、業者から言われるままに手続きを進めていくことになります。

その結果、提供すべきではない情報を提供してしまったり、最終的に思っていたよりも少ない金額しか受け取ることができなかったり、最悪の場合にはお金を全く受け取れないこともあります。

クレジットカード現金化の流れ

クレカ現金化流れ

ですから、クレジットカード現金化を利用するならば、しっかりと流れを把握することが大切です。

クレジットカード現金化の流れは、大まかに言って、以下の通りとなります。

1、利用するクレカ現金化業者を決める

この時、悪質業者を利用しないよう、複数業者のホームページを確認しつつ、怪しい業者は除いていく

(業者選びが、いかに大切なのかは以下の記事を参照)。

2、利用できるかどうかを確認する

業者によって利用できるクレジットカードが異なる場合があるので、自分が利用を予定しているクレジットカードに対応しているかを確認する。

また、クレジットカード現金化はショッピング枠を現金化するものであり、ショッピング枠に利用希望金額分だけの余裕が必要となるため、その点も確認する。

クレカ現金化確認

3、不明点があれば電話の際に確認

電話連絡が来た際、不明点があれば確認を。

業者の口調がビジネス的ではないと感じたり、質問にスムーズに答えられなかったりした場合にも利用を見送り、他の業者を検討したほうが良い。

4、問題ないと判断したならば申し込み

入力フォームに情報を入力し、業者側からの連絡を待つ流れが多い。

この時、不要と思われる情報の入力を求めている業者の利用は避ける。

基本的には、名前、メールアドレス、電話番号、希望金額などを記載していく。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

フォームの送信後、連絡希望の時間帯を指定しているならばその時間に、指定していないならばフォーム送信後まもなく、業者から連絡を受ける。

5、利用の意志確認や流れの確認が入る

この場で嫌だと感じら、電話を切ってよい。

6、確認のための身分証明書提示

タイミングは前後することもあるが、クレジットカードが本人名義のものであることを確認するために、身分証明書の提示を行なう。

コピーしたものをFAXで送ることもできるが、ほとんどの場合、本人確認書類を撮影した写メを送ることになる。

本人確認

7、購入する商品の指定

業者が運営するオンラインショップなどで、購入する商品を指定される。

これは、メールで知らせられることが多い。

該当する商品をクレジットカード決済で購入すると、業者側に決済の通知が入る。

8、利用者名義の振込口座に送金

決済の通知を確認した業者は、あらかじめ決めていた還元率をもとに支払金額を計算し、利用者名義の振込口座に振り込む。

9、後日、利用者は購入した商品の受取り

これによって、クレジットカード現金化の利用は終了するが、クレジットカードの利用明細に従い、現金化に利用した金額を、クレジットカード会社に返済していくことになる。

クレジットカード現金化の利用は簡単

クレカ現金化流れ

クレジットカード現金化の流れは、業者によって手順が若干前後することがあるものの、ほとんど上記のような流れになると考えておいて、差し支えありません。

これを読めばわかると思いますが、それほど複雑な流れではありませんし、私たちが日常的に接している、様々なサービスの利用の流れとそれほど変わらないとも言えます。

数ある業者の中からよさそうな業者を選び、申込フォームに入力し、連絡をもらって説明を受けたり、あるいはこちらから電話して質問したりして利用を決め、業者の説明にしたがって業者のサービスを利用していくのです。

そう考えれば、別に何も怪しい取引ではないことが分かるでしょう。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    「とにかく、家族だけにはバレたくない」という人は買取くんを要チェック。
    商品は、PDFデータなどの電子商材が電子メールで送られてくるだけです。
    「現金化した商品が届いてしまう…」そんな心配は無用のお店ですよ♪
    女性向けのキャンペーンも充実し、一番女性にやさしいかもしれないですね。

    買取くんのくちコミを確認してみる

それに、インターネット社会の昨今、クレジットカードやカードローンの申し込みがオンラインで可能になっているのと同様に、クレジットカード現金化もオンラインで完結します。

一昔前(インターネット普及以前)は、クレジットカード現金化を提供している店舗を訪問して現金化していたものですが、今ではそのような面倒なことはなくなっています。

だからこそ、非常にスピーディに現金化が可能となっています。

銀行の営業時間外ならば翌営業日の振り込みとなりますが、そうでないならば即日で現金化が可能となるでしょう。

もちろん、パソコンを持っていない人でも、スマホやタブレットからの申し込みが可能であるため、多くの人が問題なく利用できます。

逆に言えば、誰でも簡単に、気軽に利用できるからこそ、そこで油断することなく業者を選び、優良業者によって現金化することが大切なのです。

まとめ

クレカ現金化流れ

クレジットカード現金化は、業者ごとに細かな点で違いがあるものですが、流れは大体一致しています。

そのため、流れを事前に把握してから利用すれば、悪質業者を利用した時、おかしな点に気づくこともできるのです。

クレジットカード現金化の流れは、それほど難しいものではありません。

把握するのは簡単なことであり、それだけに流れさえ知っていれば、業者が変なことを仕掛けてきたとき、すぐに気づくことができるものです。

皆さんも、きちんと流れを把握してから利用することをおすすめします。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

クレカ現金化流れ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ