1. TOP
  2. 現金化の方法
  3. 高換金率のJCB商品券を換金してクレジットカードの現金化をする方法
クレジットカード現金化マニュアル

高換金率のJCB商品券を換金してクレジットカードの現金化をする方法

長らくクレジットカード現金化の「王道」とも言うべき手法が商品券を購入しての換金でした。

しかしクレジットカード会社が対策を講じるようになり、クレジットカード現金化の手法は多様化することになります。

 

良い方法を見つけたと思っても対策をされる。

そんないたちごっこが続いているといっても過言ではないクレジットカード現金化に於いて、時代の流れに逆行する動きを見せてくれたとある商品券があるのをご存知でしょうか?

 

その商品券とは「JCBギフトカード」です。

大手が発行しているこちらの商品券が、昨今クレジットカード現金化の手法に於いて熱い眼差しを向けられています。

 

 

クレジットカード現金化口コミ

JCB商品券の特徴について

和歌山現金化

JCB商品券(JCBギフトカード)は名前からも分かるように、大手信販会社、「JCB」が発行している金券になります。

JCBは日本発のクレジットカードブランドとしては最大級で、金券は日本全国およそ100万店以上で使うことが出来ます。

 

多くの店舗で利用できるという利便性の高さから、贈答用としても人気のあるJCB商品券。

1,000円、5,000円の二つの種類があるこちらの商品券は百貨店だけではなく、家電量販店や一部コンビニ、ディスカウントストアなど、身近な所でも利用できる上での「100万店以上」という数字に現れない利便性の良さが特徴です。

 

注意点としてはお釣りが出ないことくらいで、それ以外では現金同様に利用できます。

 

正規での販売ルートとしては会員サイト「MyJCB」や実店舗でも販売されていますし、さらには金券ショップ、ネットオークション、フリマアプリなど様々な場所に加え、株主優待券としても入手が可能なので、入手方法の容易さもまた、人気の理由の一つとなっています。

 

基本的には現金のみでの購入なのですが、実は一部クレジットカードでの購入も「解禁」されました。

つまり、そのクレジットカードであれば「JCB商品券(ギフトカード)をクレジットカードで購入して換金」することが可能です。

 

そのクレジットカードとはJCBカードです。

こちらもまた、JCBが発行しているクレジットカードです。

いわば同じ親会社だからということで、クレジットカードでの購入解禁となったことが予想されます。

 

 

JTBナイスギフトとJCBギフトカードの違い

JCB商品券の中には旅行代理店である「JTB」のマークが入っている「JTBナイスギフト」と呼ばれる商品券があります。

JCBとJTBの両方のマークが刻印されている、少々紛らわしい商品券は、使い勝手も少々面倒です。

まず、そもそも旅行会社であるJTBの刻印がありながらJTBでは利用できません。

イメージ的に「旅行で使うための商品券」と思いがちですが、実際には「旅行に使えない商品券」です。

 

JTBで使える商品券は「JTB旅行券」「JTBトラブルギフト」のみで、ナイスギフトは残念ながら利用することができません。

さらに厄介なことに、JCBギフトカードが使える旅行代理店でさえ、JCBトラベルギフトを利用することはできません。

 

具体的には日本旅行、農協観光、阪急交通社の三社です。

この三社ではJCBギフトカードは使えるものの、JCBトラベルギフトを使うことはできません。

このように、少々ややこしいため、JCB商品券が使える店舗でありながらレジの店員さんに「使えない商品券です」と指摘されることも。

 

実際には使えるのですが、店員さんでさえよく分かっていない紛らわしい商品券だということです。

更に紛らわしい要因として、金券ショップでは「JCB商品券」として扱われてしまいますので、違いがよく分からない人が多いのもある意味では仕方ないのかもしれません。

 

 

JTBナイスギフトとJCBギフトカードは柄が似ているものも

性質という点に於いてもそっくりの両者ですが、柄が似ているものもあります。

そのため、見ただけではどちらなのかよく分からないケースもあります。

マークの有無以外、パっと見ただけではどちらなのか分からないため、両者を混同させてしまう人や店員さんがいても、決して不思議ではありませんが、現金化に適しているのはあくまでも「JCB商品券」の方です。

 

 

JCB商品券(ギフトカード)を換金する方法

 

では実際に、JCB商品券を換金するためにはどのような流れになるのか、順を追って説明していくとしましょう。

 

JCB商品券の換金は他の商品券と基本的に同じ

基本的にJCB商品券の換金方法は、他の商品券同様、金券ショップ等に売却するだけで良いので難しいものではありません。

金券ショップだけではなく、オークション、フリマアプリ等、販売ルートはいくらでもありますので、換金する手法そのものであればいくらでもあります。

但し、換金率にこだわるのであればある程度限られます。

例えばネットオークションやフリマアプリの場合、売却額から一定割合を「システム利用料」という名目で支払わなければなりませんので実質的に換金率が低下してしまいます。

 

また、金券ショップによっても換金率が異なりますので、少しでも高額での換金を考えている場合、金券ショップを選ぶことになりますが、その点も「JCB商品券ならでは」ではなく、商品券全般に言えることなので、一度でも商品券の換金を行ったことがある人であれば、JCB商品券の換金は簡単に行えることでしょう。

 

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. 現金化堂

    換金率保証サービス導入店の現金化堂
    昨年度から業界で初めて「換金率保証サービス」を導入しました。
    これは、50,000円以上ご利用いただいたお客様全員が対象で、万が一、現金化堂よりも高い利率での現金化サービスを提供している業者があった場合、差額分をお客様に返金させていただくサービスです。
    これなら安心して利用できますね♪

    公式サイトへ

JCB商品券(ギフトカード)の換金率を比較

JCB商品券の換金率は金券ショップによって異なります。

そこで、いくつかの金券ショップにおけるJCB商品券の換金率をチェックしてみました。

 

 

アクセスチケット

アクセスチケット

98.3%という高額での換金が可能です。

 

 

大黒屋

大黒屋

高い知名度を誇る大黒屋は97%でした。

 

 

ダイヤチケット

ダイヤチケット

98%とこちらも高い水準となっています。

 

数字にすると僅かの差でしかないかもしれませんが、一度に多くの商品券を換金する場合、わずかコンマ数パーセントの違いによって手にする金額の差に繋がります。

もちろん換金率だけではなく、使い勝手の良さや対応等も考慮した方が良いのは言うまでもありませんが、一つの目安として換金率も知っておいた方が良いでしょう。

 

 

JCB商品券(ギフトカード)を現金化するメリット

 

JCBクレジットカードでの購入が可能

何より最大のメリットはJCBクレジットカードのみではありますが、「クレジットカードにて商品券を購入できる」点にあります。

冒頭でもお伝えしたように、クレジットカード現金化は多くの会社が警戒するようになりました。

クレジットカードで商品を購入した際、現金化なのでは?と思われるような取引については許可を出さないどころか、クレジットカード現金化が露呈した場合、退会処分が課せられることもあります。

 

法律的な側面から見ればクレジットカード現金化は違法と断言できるものではありませんが、モラル、あるいはクレジットカード会社の利用約款では禁止されているケースが多いだけに、クレジットカード現金化を試みて退会処分に課せられたとしても文句は言えません。

 

しかし、JCB商品券の場合、JCBクレジットカードでの購入は問題ありません。

購入したものをどうするのかまではチェックされませんので、他のクレジットカード現金化よりもハードルが低いです。

 

もちろん「リスクが全くない」とまでは断言できませんが、他の手法と比べればリスクが低いことは、大きなメリットです。

また、JCBクレジットカードにもリボ払いや分割払いが用意されていますので、一か月あたりの支払いを抑えつつ、商品券を購入して現金化をすることが可能な点もメリットです。

 

 

JCB商品券は換金率が高い

先にいくつかのお店のJCB商品券の換金率をご紹介させていただきましたが、基本的に換金率が高いです。

換金率の裏にあるのは、JCB商品券が様々な場所で利用できる汎用性の高い商品券である点が大きいでしょう。

利便性の高い商品券なので、金券ショップで購入したいと考えている人が多いのです。

 

そのため、金券ショップ側としてもある程度高く買取ったとしても売れるという計算があります。

つまり、金券ショップ側としても「利益を運んでくれる商品」になりますので、多少高い換金率に設定したとしても、十分に利益を得ることができる商品です。

そのため、クレジットカード現金化に慣れていない人でも高還元率でのクレジットカード現金化が可能です。

 

 

JCB商品券は入手しやすい

JCB商品券が入手しやすい商品券である点もまた、メリットです。

いくら高還元率の商品券だとしても、入手困難であればなかなか高還元率のメリットを受けることができませんが、WEBサイトからも気軽に購入できるなど、「購入するための手間」がかからない点も大きなメリットです。

 

WEBサイトでも購入できるということは、「いくらでも購入できる」ことを意味していますので、利用限度枠がある限り、好きな時に気軽に購入して換金することが可能です。

 

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

JCB商品券(ギフトカード)を現金化するデメリット

 

ここまでJCBギフトカードの現金化をするメリットについて、お伝えしてきましたが、メリットもあればもちろんデメリットもあります。

これからお伝えするデメリットを理解したうえで現金化をしましょう。

 

決して「絶対にバレない」訳ではない

JCB商品券はJCBクレジットカードにて購入できるのでクレジットカード現金化が捗りますが、決して「絶対にバレない」と断言できるものではありません。

どのようなクレジットカードであれ、商品を購入する際、店舗からクレジットカード会社に「この利用者がこのような商品を購入しようとしています」という情報を送ります。

問題ないようであればクレジットカード会社も許可してくれますが、不審な点があればその場で電話がかけられたり、あるいは買物を認めないなどの措置を取ります。

それまで商品券を購入していなかった人が急に大量の商品券を購入しようと試みたり、あるいは毎回のように不自然な量の商品券を購入しようとすれば、クレジットカード会社としても「なんでそんなに商品券を購入する必要があるのか」を考えます。

 

結果、買物できないだけではなく、退会処分に課せられる可能性もゼロではありません。

JCBクレジットカードで商品券を購入できるとはいえ、「絶対にバレない」ことまで保障されている訳ではありません。

 

 

どこで換金するかで換金率が変わる

基本的には高還元率を誇るJCB商品券ですが、先に紹介した店舗でもある程度数字にバラつきがあるように、高い還元率を誇る業者もあれば、少しでも安く仕入れようとしている業者もありますので、自分自身の見る目も問われます。

 

「ある程度高ければ良い」と考えているのであれば、そこまでデリケートになる必要はないものの、「1円でも高く」と思ったら、様々な情報を仕入れ、本当に換金できるのかを入念にチェックしておかなければなりません。

 

つまり、ともすれば後になって「損だったかもしれない」と思うような還元率のお店で換金してしまう可能性があるということです。

 

 

即日での換金はできません

JCBクレジットカードでJCB商品券を購入すると、郵送にて商品券が送られてきます。

そのため、すぐに換金することはできません。

紙に印刷された商品券が手元に到着しない限り、残念ながら何もできません。

 

近年は即日でのクレジットカード現金化が可能な業者が増えていますので、それらの業者と比べると「商品券が送られてくるまで待つ」という点をデメリットに感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

 

購入できるクレジットカードはJCBクレジットカードのみ

これが最大のデメリットです。

確かに「クレジットカード」で購入できることは間違いないのですが、購入できるクレジットカードは限られています。

JCBカードのみになりますので、JCBカードを持っている方であれば問題ないのですが、持っていない方にとっては新たにクレジットカードに加入するか、諦めるかしかありません。

 

これまでのメリットはいわば「JCBカードを持っている人」にとってのものになりますので、JCBカードを持っていない人にとっては、メリットも半減してしまいます。

 

 

JCBカード以外でもJCB商品券を購入する裏技

 

先の項でお伝えしたように、JCB商品券はクレジットカードの中でもJCBカードだけでしか購入することができません。

そのため、JCBカードを持っていない人にとっては、いくら高還元率の商品券だとしても魅力が半減してしまう…と思うかもしれませんが、実はJCBカードがなくともJCB商品券をクレジットカードで購入し、換金する方法があります。

その方法とは、「金券ねっと」というサイトです。

 

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. 現金化堂

    現金化堂は、お客様がオトクに利用できるための努力を惜しみません。
    今開催中のキャンペーンをご紹介!
    ●ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント
    ●他業者様からのお乗り換えで現金最大30,000円プレゼント
    ●ご紹介してくれた方のご利用で現金最大30,000円プレゼント
    換金率保証サービスと併せて利用すれば最強です!^^

    現金化堂のくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

金券ねっととは?

金券ねっと

 

「金券ねっと」とは商品券をネット上で購入できるサービスです。

こちらはJCB商品券だけではなく、様々な商品券が販売されています。

全国百貨店共通券、VJA/VISAギフトカード、QUOカードなど、様々な金券をネット上から購入できるのですが、クレジットカードによる支払も可能です。

 

自宅以外での受け取りも可能なので、上手く活用することでJCBカードを持っていない人でも、「クレジットカードで商品券を購入しての換金」が可能です。

 

 

金券ねっとの利用にあたっての注意点

JCBカードではないクレジットカードでも商品券を購入できる点が「金券ねっと」の強みです。

この点はとても便利ではありますが、一方で気を付けるべき点があります。

 

それは商品券の価格です。

「金券ねっと」はJCBと直接関係ある会社ではありません。

そのため、金券をいくらで売るかは自由なので、JCB商品券を額面通りで販売している訳ではありません。

 

例えば1,000円券の10枚綴りによる10,000円分は11,170円で販売しています。

1,000円券は1枚1,117円、5,000円券は1枚5,585円で販売しています。

つまり、換金率97%で計算するとしても、9,700円得るために11,170円出すことになりますので実質的な換金率は少々低下します。

 

 

JCBカードを持っていない人なら選択肢の一つとしてはあり

JCBカードを持っていない人が金券ねっとで換金する場合、10,000円の商品券を購入するためには11,170円支払う必要があります。

仮にこの商品券を換金率97%、9,700円で換金できたとしても、実質的な換金率はおよそ87%になります。

 

JCBカードを持っている人にとっては、決して「美味しい換金率」ではありませんが、JCBカードを持っていない人にとっては、数少ない選択肢としては覚えておいても良いかもしれません。

しかし、87%であれば金券ねっとにこだわることなく、他の方法によってクレジットカード現金化を考えてみるのも良いでしょう。

 

 

JCB商品券の換金よりも効率的な現金化方法

「金券ねっと」は確かに有効な手段ですし、JCBカードを持っていればさらに利便性が高まるのも事実です。

しかし、即日現金化できない点、さらにはカードを選ぶ点等を考えると、どのようなクレジットカードであれ、その場ですぐに現金化ができるクレジットカード現金化業者の方が優れていると言えるでしょう。

 

確かにとてもありがたい制度ではありますが、すぐにでも現金が欲しい場合や、JCBカードを持っていない場合、残念ながら「最高の方法」とは言えません。

むしろクレジットカード現金化を利用すれば、それ以上のことが簡単に行えますので、クレジットカードで商品券を購入できるシステムはありがたいですが、「すぐに現金化を」と考えている人はクレジットカード現金化の方が利便性が高いです。

 

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする  
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ