1. TOP
  2. 意外と知らない、売ると高いもの

意外と知らない、売ると高いもの

現金化の方法 この記事は約 9 分で読めます。

不要な商品をリサイクルショップや高価買取が期待できない質屋へ持って行ってしまうと、想像よりも取引額が少なくなってしまう可能性もあります。

あらかじめ高額買取が期待できるお店を探し、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

クレジットカード現金化口コミ

リサイクルショップで高く売れるもの

AdobeStock_66378845_R

不要な商品を売却するとき、リサイクルショップを利用して手放そうと考える方もいるかもしれません。

しかし、意外に価格が高くなったり、安くなってしまったりというケースがあると思います。

売主からするとランダムに感じるかもしれませんが、実は、そこにはきちんとした根拠が存在し、売ると高いものがあるのです。

ここでは、リサイクルショップの仕組みについて考え、どのようにすれば商品が高くなるのかをみてみましょう。

まず、あらかじめ抑えておきたいポイントは、リサイクルショップが万能ではないということです。

ひとまとめにリサイクルショップと言っても、実際には販売している専門領域が異なります。

古着、家電製品、家具、玩具、金券、書籍、貴金属・ブランド品、骨董品というように、業界内では明確に細分化されているのです。

例えば、リサイクルショップの中でも、「なんでも対応しています」というお店もあります。

こういう場合、どうしても専門領域ではないことから、価格を下げて対応せざるを得ません。

その理由は、専門店ではないことから購入者が現れる確率が低くなってしまい、店舗側が在庫リスクとして捉える可能性が高いからです。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. 買取くん

    自宅に商品が届かないという、画期的な手法を取り入れている買取くん。
    商品は電子商材がメールで届くだけなので、スムーズに取引が完了。
    主婦の方など、現金化で購入した物が家に届いてはまずい人にピッタリのお店。
    女性限定のキャンペーンも行っており、女性のためのお店と言えます。

    公式サイトへ

AdobeStock_70369483_R

リサイクルショップで売ると高いもののうち、家具や家電製品を例に見てみましょう。

まずは単純に購入価格が高い製品は人気があります。

スペックが高いものも多く、ハイブランドなケースも多いからです。

次に、見た目がきれいな製品は人気があります。

傷や汚れなど、中古なら仕方ないだろうと言いたい方もいるかもしれませんが、今のユーザーは見た目の傷や汚れを気にします。

せめて、キレイに拭いてから買取査定を依頼するとよいかもしれません。

オシャレなデザインであるかどうかも重要です。

近年、家具や家電製品は、インテリアとしての色合いが強くなっています。

そのため、見た目がカッコイイものであればあるほど、買取価格が高くなると考えられます。

シーズナリティのある製品も、売ると高いものです。

例えば、春から夏直前にエアコンや扇風機を売ると、価格は高くなります。

Dollarphotoclub_84821853_R

リサイクルショップは売主から仕入れをしているので、人気になるシーズンが来る少し前に相談するとよいでしょう。

このように、リサイクルショップから見ても売ると高いものは確実に存在します。

お店の仕組みを十分理解したうえで、いつ、どのようなものを、どのようにして売るとよいか、覚えておくとよいでしょう。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

質屋で高く売れるもの

ブランド品や貴金属を高く売りたいとお考えの方は、リサイクルショップよりも質屋に行きましょう。

リサイクルショップはブランド品や貴金属が専門領域ではないので、質屋のほうが売却できる可能性は高くなるからです。

ここでは、質屋で売ると高いものと、買取価格アップの方法についてご紹介します。

質屋で売れ行きがよいのはブランド品やジュエリー、商品券・ギフトカードといったものが挙げられます。

なかでも、ブランド品はヴィンテージであることからレアもの扱いされ、定価以上で売れる可能性もあるほどです。

AdobeStock_90187741_R

リサイクルショップへ持って行っても、その価値が分からずに価格が下がってしまう可能性がありますが、質屋で売ると高いものなので、持っていくところを間違えないようにしましょう。

商品の買取価格を上げるために、商品の換金率を意識しておくことは大切です。

しかし、売却時にはキレイに掃除し、商品の見た目をやっておくとよいでしょう。

例えば、ブランドバッグのなかに髪の毛やホコリが入っているケースもあります。

質屋の店員さんも人間なので、「大切に使っていた」という印象を与えられるよう、できるだけキレイにすることが効果的だと言えます。

売却直前では難しいですが、日ごろから丁寧にメンテナンスしているのが一番です。

ネットの無料査定を事前に済ませておくのも、相場の買取価格を上回っているかを確認するためには有効です。

近くの質屋やリサイクルショップで済ませてしまうケースもありますが、相場価格は一店舗だけでは判断できません。

インターネット上の無料査定サイトを利用すると、売ると高いものか否か判断しやすくなるので、確認しておくとよいでしょう。

保証書や箱などの付属品も、その商品を構成するアイテムのひとつです。

ブランドバッグやジュエリーなど、付属品が商品価値を証明するケースもあります。

例えば、保証書はブランドバッグやアクセサリーが本物であることの証明になるため、保存しておくと便利です。

Dollarphotoclub_97368506_R

できるだけ高い価格で売買したいと考えるのであれば、ぜひとも付属品も用意しておきましょう。

このように、質屋を上手に利用すると、ブランド品や貴金属を高値で買取してもらえます。

リサイクルショップや高価買取が期待できない質屋へ持って行ってしまうと、想像よりも取引額が少なくなってしまう可能性もあります。

あらかじめ高額買取が期待できるお店を探し、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

売るものがなければ、クレジットカードを売れば良い

クレジットカードを売る

もちろん、クレジットカード自体を売るのではなく、ショッピング枠を売るということなります。

簡単に言えば、クレジットカードで買物をし、それを売れば良い訳です。

もちろん、換金性が良く、買った値段と同じぐらいで売れるものが理想です。

そうなると金券等になるのですが、金券等はクレジットカードで購入することが難しくなります。

なぜなら、クレジットカード会社は利用規約で、「現金化目的の利用」を禁止しているからです。

商品券やギフト券は非常に換金率が高く、90%以上の換金率で買い取ってもらうことができます。

ただし、この換金率の良さのためにショッピング枠の現金化に利用する人が後を絶たず、カード会社も厳しく見張っています。

クレジットカードで購入できないことが多いばかりか、明細書の中に多くの商品券やギフト券が見られる場合には、カード会社から利用停止措置を取られることもあるのです。

条件はいいものの、現金化には使いにくいというジレンマがあります。

クレジットカードでの商品券購入は、クレジットカード会社が現金化撲滅のために厳しく規制したため、今ではほとんど使えない手法です。

自分で売買をして現金化するのは、時間と手間がかかります。

それなら、現金化業者に依頼したほうが手っ取り早いのです。

しかも、クレジットカード会社にバレにくいという利点もあります。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    「とにかく、家族だけにはバレたくない」という人は買取くんを要チェック。
    商品は、PDFデータなどの電子商材が電子メールで送られてくるだけです。
    「現金化した商品が届いてしまう…」そんな心配は無用のお店ですよ♪
    女性向けのキャンペーンも充実し、一番女性にやさしいかもしれないですね。

    買取くんのくちコミを確認してみる

実は、現金化業者を使ったほうが、より安心だった!

バレない現金化

 

繰り返しになりますが、現金化目的でクレジットカードを使うのは、カード会社の利用規約で禁止されています。

現金化目的の利用が明らかになった場合、

  • カード利用の停止
  • 残債の一括返済
  • 強制退会

などの措置を取られる場合があります。

よって、クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、クレジットカード会社にバレないように、コッソリとしなくてはならないのです。

クレジットカードを現金化する方法には、

  • 換金性の高い商品を自分で売買して現金化する
  • クレジットカード現金化業者を利用して現金化する

おもにこの2つがあります。

なんとなく、自分で売買してこっそり現金化したほうがバレにくいように思いますが、実は逆で、現金化業者を利用したほうがバレにくのです。

これは、自分で売買する場合は換金性の高い商品の利用履歴が残るのに対し、クレジットカード現金化業者を利用した場合は決済代行会社を通すため、「何を購入したのか」が把握しづらくなるためです。

決済代行会社のカラクリ

現金化決済代行会社

ちょっと考えてみてください。

クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止しています。

にもかかわらず、現金化業者がクレジットカードの決済ができてしまうのは矛盾が生じますよね?

クレジットカード会社が現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないようにすれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではありません。

クレジットカードの決済をするには、カード会社の加盟店になる必要がありますが、もちろん現金化業者が加盟店になることはできません。

そこで、「決済代行会社」という、クレジットカード決済をする専門会社を通すことにより、現金化業者がカード決済をできるようにしているのです。

もちろん、クレジットカード会社は、決済代行会社が現金化業者の決済をしているのを把握できていません。

だからこそ、継続的に現金化業者がクレジットカード決済ができるのです。

決済代行会社もリスクはあるが…

決済代行会社

決済代行会社が現金化業者の決済をしている…

そんな事実が、もしクレジットカード会社に分かってしまった場合は、決済代行会社は、即刻取引停止を食らうでしょう。

そのようなリスクがある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか…

それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。

決済代行会社もいけないこととは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。

だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。

通常のクレジットカード利用の決済が毎月何十億もあるうち、現金化業者利用の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがありません。

自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心

クレカ現金化

いままで述べてきた事実から分かること、それは、

『自分で売買する現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危険が少ない』

ということです。

一般的に現金化業者の還元率は、70%~80%の間と言われています。

20~30%取られますので決して安くない手数料ですが、その分安心が手に入ると思えば、現金化業者を利用するメリットはある、という結論になります。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ