1. TOP
  2. 商品券をクレジットカードで購入して売ろうと思っている人が気をつけること

商品券をクレジットカードで購入して売ろうと思っている人が気をつけること

商品券クレカ購入

商品券をクレジットカードで購入して売ろうと思っていませんか?

ここでは、商品券をクレジットカードで購入して売ろうと思っている人が気をつけることを書き、そしてそのリスクなどを考えながら是非を説いていきます。

クレジットカード現金化口コミ

商品券をクレジットカードで購入するという方法

商品券クレカ購入

クレジットカードには元々キャッシング枠がついており、そこからお金を借りることができるため、ちょっとお金に困った時に便利に使うことができます。

しかし、クレジットカードについているキャッシング枠はおまけのような機能であり、本来クレジットカードのメインの機能はショッピング機能です。

そのため、ちょっとお金に困った時にキャッシング枠を利用すると言うことを繰り返していると、すぐにキャッシング枠を使い果たしてしまったという経験のある人は多いと思います。

では、そのようにキャッシング枠を使い果たしてしまった時に、さらにお金に困った時はどうすればよいのでしょうか。

そのような時にも、ショッピング枠に余裕があれば、ショッピング枠を現金化をすることによって現金を手に入れることができます。

昔からよく使われてきた方法としては、ブランド品やゲーム機をクレジットカードのショッピング枠で購入してリサイクルショップやゲームショップに売ると言う方法、商品券を購入して金券ショップに転売することによって現金を得ると言う方法が使われています。

商品券クレカ購入

これらの方法はクレジットカード現金化業者を通さずに自分で行う現金化の方法であります。

業者を通さずに行うことによって、業者に支払う手数料を節約することができるため、好んでこちらの方法を使う人もいることでしょう。

ここでは、商品券をクレジットカードで購入して売ろうと思っている人が気をつけることを書き、そしてそのリスクなどを考えながら是非を説いていきます。

さらには、最近知名度が上がってきている、ネットを用いたクレジットカード現金化をお教えしようと思います。

その方法の方が商品券をクレジットカードで購入して売るよりもメリットが大きいのです。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

商品券をクレジットカードで購入して売るということ

商品券クレカ購入

商品券をクレジットカードで購入して、金券ショップに売ると言う方法は、実際のところどうなのでしょうか。

金券ショップでは、様々なものを買い取っています。

金券ショップで取り扱っている商品券は全国百貨店共通商品券、いわゆる百貨店の商品券だけではありません。

ギフトカードも取り扱っていますし、様々なプリペイドカードなども取り扱っています。

商品券と言うと百貨店の商品券のイメージが強いですが、より広義に見ると旅行券や切手、新幹線の回数券なども商品券の一種と言えるでしょう。

これらの商品券の中でも、金券ショップが高い買取レートで買い取っているものは、百貨店の商品券や新幹線の回数券であり、これらは非常に還元率が高いものです。

ただし、百貨店の商品券はクレジットカードで購入できないことが多いため、現金化のためには新幹線の回数券がよく利用されています。

新幹線の回数券をクレジットカードで購入して金券ショップに持っていくと、還元率が95~98%で買い取ってもらえるため、かなり効率よく現金化を行うことができます。

商品券の購入はクレジットカード現金化ではよく使われる

クレジットカード商品券

誰しも、

「クレジットカードで換金率の高い物を買って売れば現金を手にすることが出来る」

と思いますので、換金率の高いクレジットカードで商品券を購入することを思いつきます。

クレジットカードで商品券を購入して現金化するのは日常茶飯事なのです。

現金化を規制しているクレジットカード会社からすると、クレジットカードでの商品券購入に一定の規制を掛けています。

これは、現金化の温床となっている商品券の購入を抑制し、ショッピング枠の現金化を少しでも無くそうと言うクレジットカード会社の思惑です。

利用停止になるリスクが高い

利用停止

クレジットカード会社も、あまりにも商品券の購入が多い利用者には目を光らせています。

・クレジットカードのキャッシング枠が一杯

・多額の商品券を繰り返し購入している

という利用履歴のある方は、利用停止になるリスクが非常に高いと言えるでしょう。

また、商品券購入の利用履歴がある方も、クレジットカード会社はチェックをしていますので、利用停止予備軍に入ってしまいます。

以上のようなリスク上がることを認識した上で、クレジットカードでの商品券購入をしてください。

商品券をクレジットカードで購入して売ることのメリット

商品券クレカ購入

では、商品券をクレジットカードで購入して金券ショップに売ることにメリットはあるのでしょうか。

この方法には、いくつかのメリットがあります。

まず、クレジットカードで商品券を購入して売るという行為は、新たに借入をするのとは全く異なる行為であるため、信用情報機関に情報が記録されることはありません。

そのため、信用情報機関に記録を残したくない人にはメリットがある方法です。

また、新たに借入をするわけではないということは、消費者金融に融資を申し込むときのような審査が行われることがないと言うことです。

そのため、面倒な審査や手続きが必要なく、手間がかかりません。

さらに、貸金業者から融資を受ける行為ではないため、総量規制(貸金業者から借入ができるのは年収の3分の1以下でなければならないとする定め)の対象外であり、現在他で借入ができない状態の人でも利用が可能です。

商品券をクレジットカードで購入して売る際の注意点

商品券クレカ購入

では、次に商品券をクレジットカードで購入して売る際の注意点を見てみましょう。

悪質な金券ショップに注意

最初に、金券ショップに悪質な金券ショップがあることの注意点です。

金券ショップにもよりますが、中には悪質な金券ショップがあり、そのような金券ショップでは客を見て還元率をごまかす金券ショップもあります。

つまり、客をみてその客が余裕がなさそうな人だと判断した場合には低めの還元率で計算し、本来の買取価格よりも低い価格で買い取ろうとしてくるのです。

このような被害に遭遇しないためには、事前に情報収集をして買取レートを確認しておきましょう。

自分がその商品券を売った時には最終的にいくらが手に入るのかを知った上で買い取ってもらうとよいでしょう。

そして、低い価格で買い取りが行われていると感じた時には別の金券ショップを利用するとよいのです。

クレジットカードの利用停止、残債一括請求のリスクがある

商品券クレカ購入

次の注意点は、商品券という換金性の高い商品をクレジットカードで購入した時には、クレジットカード会社から

「この人はもしかしたら換金目的でクレジットカードを利用しているのかもしれない」と警戒されてしまうと言うことです。

実は、クレジットカードを利用する時、換金目的で購入する行為は法律で禁止されてはいないものの、クレジットカードの利用規約では禁止されているのです。

クレジットカードを作る際には利用規約に同意する必要がありますが、多くの人が内容を詳しく確認しないままに同意してしまっていることでしょう。

実は、利用規約の中には「現金化目的でクレジットカードを利用することは禁止です」との旨が盛り込まれています。

なぜ現金化目的でのカード利用が禁止なのでしょうか。

商品券クレカ購入

それは、クレジットカードで商品を購入した時には、その商品の代金をクレジットカード会社に全て返済するまでは、その商品の所有権はクレジットカード会社に留保されているからです。

現金化というのは購入したものを現金を得るために、返済がまだ終わらないうちに売ってしまう行為です。

つまり、所有権が自分にないものを勝手に売ってしまうこと、そしてカードの利用規約に違反していることから、現金化目的のカード利用は禁止されているのです。

もし現金化目的で商品券をクレジットカードで購入していることがバレてしまえば、利用規約に書かれている通り、クレジットカードは利用停止になってしまいます。

また、利用停止になるだけではなく、残債は一括で返済するように求められてしまい、大変なことになってしまいます。

そして、商品券のなかでも、特に新幹線の回数券はその換金性の高さから現金化目的で利用されやすいだけに、各クレジットカード会社が特に警戒しているものです。

もし複数枚を一度に購入して現金化するなどの不自然な行動を取ってしまえば、即利用停止になることもあります。

新幹線の回数券は数万円はするものですから、それを複数購入して利用停止になり、残債を一括で請求されるようなことになれば、大変苦しい思いをすることになるでしょう。

商品券をクレジットカードで購入して売ることの是非

商品券クレカ購入

商品券をクレジットカードで購入して売るという行為は、確かに古くから使われてきたものであるし、クレジットカード現金化の方法の一つとしてなじみがあるものでしょう。

そのため、手軽に現金を得るために利用したいと思う人もいるかもしれません。

しかし、実際には上記の通り現金化目的のカード利用であるとみなされます。

カードの利用停止、残債の一括請求の憂き目にあう可能性があり、そのリスクの大きさを考えるとあまりオススメ出来る方法ではありません。

人からもらったり景品でもらったりした商品券を金券ショップで売るという方法ならば現金を得るために良い方法となるのでしょう。

しかし、商品券をクレジットカードで購入して売るというのは避けたほうがいいのかもしれません。

商品券をクレジットカードで購入して売るよりも良い方法

商品券クレカ購入

では、商品券をクレジットカードで購入して売ることができず、キャッシング枠を使い果たしてしまった人。

さらにカードローンなどからも借入をしたくないと言う人は、どのような方法によって現金を得るべきなのでしょうか。

そのためにオススメの方法があります。

それは、ネットで運営しているクレジットカード現金業者を通して現金化をするという方法です。

ネットのクレジットカード現金化業者を使った時には、業者に支払う手数料がかかってしまうため、還元率は新幹線の回数券に比べると落ちてしまいます。

クレジットカード現金化業者の還元率は、80%前後が大体の相場となっているのです。

利用停止になる可能性の高い新幹線の回数券を売って還元率95%と、利用停止になりにくい現金化業者の還元率80%、どちらが良いのか考える必要があります。

クレジットカード現金業者のメリット

商品券クレカ購入

しかし、クレジットカード現金化業者を利用することには、色々なメリットがあります。

手数料は高いですが、利用停止になりにくい現実がありますので、その辺を比較検討しましょう。

利用停止になりにくい!?決済代行会社のカラクリ

現金化決済代行会社

考えてみてください。

クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止しています。

にもかかわらず、現金化業者がクレジットカードの決済ができてしまうのは矛盾が生じます。

クレジットカード会社が現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないようにすれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではありません。

クレジットカードの決済をするには、カード会社の加盟店になる必要がありますが、もちろん現金化業者が加盟店になることはできません。

そこで、「決済代行会社」という、クレジットカードの決済専門の会社を通すことにより、現金化業者がクレジットカードの決済ができるようになるのです。

もちろん、決済代行会社が現金化目的の決済をしているのを、クレジットカード会社は把握できていません。

だからこそ、継続的に現金化業者がクレジットカード決済ができるのです。

決済代行会社もリスクはあるが…

決済代行会社

決済代行会社が現金化目的の決済をしている事実が、もしクレジットカード会社に分かってしまった場合は、即取引停止です。

そのようなリスクがある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか…

それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。

決済代行会社もいけないこととは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。

だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。

通常のクレジットカード利用の決済が毎月何十億もある内、現金化業者利用の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがないのです。

自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心

クレカ現金化

いままで述べてきた事実から分かること、それは、

『自分で売買する現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危険が少ない』

ということです。

現金化する金額にもよるのですが、一般的に現金化業者の還元率は、70%~80%の間と言われています。(即日、少額の場合は低くなる)

2,30%取られますので決して安くない手数料ですが、その分安心が手に入ると思えば、現金化業者を利用するメリットはあるのです。

その他、自分で売買する現金化よりも様々なメリットがあります。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

24時間365日利用可能

利用する業者にもよりますが、ネットで運営していることから申し込みを24時間受け付けている業者が非常に多いです。

さらにそのような業者の中には24時間365日運営していると言う業者も少なくないことです。

そのような業者を利用することで、ネットバンクの口座を持っていれば、夜間でも土日祝日でも振り込み対応をしてもらうことができます。

店舗に行く必要がない

商品券クレカ購入

クレジットカード現金化業者はネットで運営されています。

そのため、ネット環境さえあれば日本全国どこからでも申し込みが可能であり、手続きから振り込みまでをインターネットで行うことができます。

わざわざ商品券を購入して、金券ショップに持っていって売るという手間を省くことができます。

審査不要

また、これは商品券をクレジットカードで購入して売ることと重複しますが、クレジットカード現金化業者を利用することは消費者金融などの貸金業者から融資を受けることとは異なります。

そのため、面倒な審査や手続きを行う必要はなく、総量規制の対象ともならず、クレジットカードさえあれば誰でもすぐに現金化をすることができます。

スピーディに現金化できる

商品券クレカ購入

クレジットカード現金化業者にウェブから申し込みをすると、カードと身分の確認を行い、カード決済をしてキャッシュバックを受けるという流れになります。

申し込みから振り込みまでが非常にスピーディで、とにかく速く現金を手にしたいならば、速さを売りにしている業者を選んで利用することによって、最短数十分で振り込みが行われます。

ただし、業者によっては即日振込と後日振込でプランが分けられており、後日振込を選択すると1週間ほどを要することもあります。

そのような時間のかかるプランでは、還元率が若干高くなるように設定されていることがほとんどです。

リスクを避けられる

商品券クレカ購入

商品券をクレジットカードで購入して売る行為には、上記の通りカード利用停止、残債一括請求のリスクが伴いました。

しかし、クレジットカード現金化業者を利用した時には、業者指定の商品を購入します。

そして、その特典のキャッシュバックとして現金を受け取り、購入した商品は手元に残ると言う方法で現金化を行います。

そのため、所有権の問題にも絡むことがなく、カード利用停止や残債一括請求のリスクを背負う必要がなくなります。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

現金化業者の利用の流れ

商品券クレカ購入

それでは、クレジットカード現金化業者の利用方法を確認して結びとしましょう。

事前の準備

まずは、申し込みをスムーズに行うためにも必要なものを事前に準備しておく必要があります。

必要となるのはショッピング枠に余裕がある自分名義のクレジットカード、身分証明書、そして振り込み先となる銀行口座です。

業者によっては身分証明書を求めない業者もありますが、多くの業者がクレジットカードの不正利用を防ぐために、初回のみ身分証明書の提出を求めています。

身分証明書に利用できるのは運転免許証、パスポート、保険証などであり、これらのコピーをとってファックスやメールで送れば完了となります。

申し込み

商品券クレカ購入

申し込みのためには、その前提としてたくさんある現金化業者の中から利用したいと思える業者を選ぶ必要があります。

悪徳業者を選んでしまわないように、還元率や注意事項をチェックしながら選んでください。

選んだら業者のサイトにアクセスし、申し込みフォームに進みます。

申し込みフォームでの入力項目は業者によって若干の違いがありますが、主な入力項目は名前、メールアドレス、電話番号、利用したい金額、電話連絡の希望時間等になります。

申し込みフォームにカード番号の入力を求められた場合には、その業者は悪徳業者なので気をつけてください。

申し込みフォームに入力して送信したら、後は業者から確認の電話が来るのを待ちます。

業者の営業時間内であったならば、すぐに連絡があることでしょう。

電話連絡とカードによる決済

商品券クレカ購入

業者からの電話連絡があったら、カードブランドの種類や希望額を伝え、還元率やシステムに関する説明などを受けます。

そして、最終的にサービスを利用するかどうかの意思確認が行われます。

説明を受けた上で、条件に納得がいったならば手続きに入ります。

手続きに入ると、振り込み先の口座番号や身分証明書のコピーの提出を行います。

手続きが進むと、メールでカード決済についての案内がきます。

その案内に従って、指定の商品をカード決済で購入しましょう。

入金

商品券クレカ購入

カード決済が行われたことを業者側が確認すれば、希望口座へ手数料を差し引いた金額が振り込まれます。

後日、業者から送られてくる商品を受け取ったら業者との取引は終了となり、後はカード会社に返済をしていきます。

以上が、インターネットでクレジットカード現金化を利用した時の主な利用方法となります。

商品券をクレジットカードで購入して売るよりもリスクが少なくオススメの方法ですので、クレジットカード現金化の際には是非検討してみてください。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

商品券クレカ購入

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ