1. TOP
  2. 商品券をクレジットカードで買って売る気ですか?良い方法ありますよ!

商品券をクレジットカードで買って売る気ですか?良い方法ありますよ!

商品券クレカ

金券ショップを使って現金化をしようと思っている人必見です。

他にもっと良い方法がありますよ!!

クレジットカード現金化口コミ

金券ショップを使っても現金化できますが・・・

商品券クレカ

クレジットカードにはもともとキャッシング枠がついており、そこからお金を借りることができます。

しかし、クレジットカードについているキャッシング枠はおまけ程度のもので枠も小さく、上限に達すると現金は借りられなくなります。

しかし、ショッピング枠さえあれば現金化することができます。

その方法の一つとして、金券ショップで現金化すると言うものがあります。

これは何らかの商品券を購入して金券ショップに売ると言う方法であり、使い古されてきた方法です。

金券ショップを通すと言うことは現金化専門業者を通さずに自分で現金化を行うと言うことであります。

そのようにすれば業者に手数料を支払う必要がないため費用を節約することもできますが、金券ショップを使う際には色々な注意点があります。

(※ここで取り扱う商品券は全国百貨店共通商品券だけではなく、ギフトカードやプリペイドカード、新幹線の回数券など広く金券を指すものとします)

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

金券ショップを使った現金化とは

商品券クレカ

金券ショップでは、商品券、ギフトカード、プリペイドカード、旅行券、切手など色々なものを取り扱っています。

中でも新幹線の回数券や百貨店の商品券は還元率が非常に高いため、現金化のためにはよく利用されます。

ただし、百貨店の商品券はクレジットカードで購入できないことが多いため、新幹線の回数券のほうがより多く利用されます。

新幹線の回数券をクレジットカードで購入して金券ショップに持っていって買い取ってもらうと、現金化することができます。

還元率も95~98%と非常に高いため、かなり効率よく現金化をすることができます。

そして、金券ショップを利用した商品券の現金化には、いくつかのメリットがあります。

それは、商品券を金券ショップで転売することは新たに借入の申し込みをすることとは異なるため、信用情報機関に登録されることがないと言うことです。

このため、カードローンなどのように信用情報機関に登録されたくないと言う人には向いています。

また、審査もないため、カードローンなどからの借り入れができない状態の人でも利用することが可能です。

ただし、当然ながら利用するためにはショッピング枠に余裕がある自分名義のクレジットカードを持っている必要があります。

金券ショップを使った現金化の注意点

商品券クレカ

しかし、商品券を金券ショップで現金化する時には、いくつかの注意点があります。

そのために、ここでは利用をオススメしないのです。

まず、金券ショップにもよりますが、悪質な金券ショップでは客によって還元率をごまかすことがあります。

客を見て余裕のない人だと判断したら、低めの還元率で計算して、低価格で買い取ろうとするのです。

このような手口の被害に遭わないようにするためには、事前にネットなどで還元率を調べておくことが必要です。

自分が利用した時にはどのくらいの還元率でいくらを受け取れるのかを調査し、低く計算されていると思ったならば利用を中止することです。

次に気をつけたいのは、新幹線の回数券などの換金性の高い商品をクレジットカードで購入すると、カード会社に警戒されると言うことです。

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、換金目的でクレジットカードを利用する行為は法でこそ規制されていないものの、クレジットカード利用規約で禁止されています。

実は、クレジットカードで購入したものはその返済が終わるまではクレジットカード会社に所有権が留保されているのです。

そのため、クレジットカード会社への返済が全て終わっているならば商品を売っても問題ないのですが、初めから転売を目的として購入する行為は禁じられているのです。

もし転売目的の利用が露見してしまうと、カード利用停止になるのはもちろんのこと、残債の一括返済を求められてしまうこともあります。

商品券の中でも換金率が高い新幹線の回数券は、特にクレジットカード会社が警戒しているものです。

そのため、新幹線の回数券を何枚もまとめてクレジットカードで購入するなど、不自然な購入のし方をしていると、即利用停止になることもあります。

百貨店の商品券がクレジットカードで購入できないのも、カード規約で禁じられていることと関係しています。

このことに関連して、金券ショップとは関係ありませんが、

ブランド品やゲーム機を換金目的で購入する場合にも、同じ商品をいくつも購入していると転売目的でないかと疑われる可能性があるので、これも避けるべきです。

また、ブランド品やゲーム機は商品券に比べると換金性も高くないため、あまりメリットはありません。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

利用の流れと手続き方法

商品券クレカ

では、商品券がダメだとなればどうすればよいのでしょうか。

それは、ネットでクレジットカード現金化業者を利用すると言う方法です。

この方法ならば還元率も高く、商品券を換金した時のようにクレジットカード会社に睨まれ、利用停止や残債の一括請求をされる心配もありません。

この方法でも、クレジットカードのショッピング枠を現金化して還元するという方法は変わりません。

ただ、キャッシュバック付き商品をカードで購入することによって、現金をキャッシュバックするという点において違いがあります。

利用する業者によって異なりますが、今は大抵の業者がインターネットサイトを運営しております。

オンラインで24時間申し込みを受け付けており、さらにネットバンクの口座を持っていれば夜間でも振り込み対応を受けることが可能です。

そして、ネットでクレジットカード現金化専門業者を利用することのメリットは、なんといっても金券ショップなどの店舗に来店する必要がないことです。

手続きから振り込みまで全てインターネットで行ってくれることにあります。

消費者金融のような融資とも異なるため、審査は不要で面倒な手続きも必要ありません。

ショッピング枠に余裕のあるクレジットカードさえ持っていればだれでもすぐに現金化をすることができます。

ウェブから申し込んだ後、パソコンでカードと身分の確認を行い、業者指定の商品をカード決済し、キャッシュバックを受けます。

ここまでにかかる時間はサービスによって異なります。

申し込み時間にもよりますが、スピードに定評のあるような業者であれば振り込みまで最短10分程度、時間のかかるタイプだと1週間程度がかかります。

また、多くの業者では即日振込と後日振込とでプランを分けており、後日振込の場合には還元率が高くなっています。

すぐにお金が必要と言う人は即日振込によって便利に利用できます。

少し待てると言う人は後日振込によって受け取る金額を少しでも多くすることで、これまた便利に利用することができます。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

利用の流れ

商品券クレカ

事前準備

事前の準備として、申し込みをスムーズに行うためにも、まずは必要なものを事前に準備しましょう。

といっても、必要なものはそれほどありません。

必要となるのは、身分証明書、振り込み先の口座番号、ショッピング機能が使える自分名義のクレジットカードです。

このうち、身分証明書を必須としていない業者もありますが、多くの業者がクレジットカードの不正利用を防ぐために提出を求めています。

これは優良業者であればあるほど求める傾向があるので、準備しておくにこしたことはないでしょう。

これも複雑なことはなく、運転免許証、保険証、パスポートなどのコピーをとって、ファックスやメールなどで送れば大丈夫です。

申込みをスムーズに行うには、まず必要なものを事前に準備しておく必要があります。

とはいえ、それほど必要なものはありません。

必要なのはショッピング機能が使える自分名義のクレジットカードと、身分証明書、振込先の口座番号のみです。

中には、事前に必要なものとしてクレジットカードのコピーを求めてくる場合もありますが、これは本来必要のないことです。

もし応じてしまうとクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードなどといった重要な情報が、業者にとって必要でないにもかかわらず渡してしまうことになります。

これによって、クレジットカードの不正利用を招くなど、なんらかの被害に遭う可能性もあるので、十分に注意してください。

申込み方法

商品券クレカ

現金化の申し込みはインターネットで行います。

今は大抵の現金化業者がサイトを運営しており、ウェブ申し込みが普通となっています。

申し込み

まずは、申し込みのためには業者選びをしなければなりません。

業者選びの方法はこのサイトの他の記事でも詳しく述べているので、そちらを参照してください。

悪徳業者に引っ掛からないように優良業者を選んだら、業者サイトにアクセスします。

アクセスしたら、還元率はもちろんのこと、利用できるクレジットカードの種類やその他の注意事項などもしっかりと見ていきましょう。

それらをチェックして問題ないと判断できたならば、申し込みフォームへ移動します。

業者によって入力項目は違いますが、主な入力項目は名前、メールアドレス、電話番号などです。

それらを入力して送信したら、あとは業者からの連絡がくるのを待ちます。

上記の通り、ここでもカード番号などの不要な情報を求めてくる業者がありますが、入力しないように注意してください。

カードによる決済

商品券クレカ

業者から電話が来たら、カードブランドの種類、希望額などを伝え、還元率などの説明を受けたら、最終的にサービスを利用するかどうかを決定します。

条件に納得がいったら手続きに入りますが、その時に振り込み口座や身分証明書のコピーなどを提出します。

その後、メールでカード決済についての案内が来るので、案内にしたがって指定の商品をカード決済で購入します。

入金

商品券クレカ

業者指定の商品がカード決済されたことを確認すれば、業者は振り込み手続きに入ります。

希望口座へ手数料を差し引いた金額が振り込まれます。

後日、カード決済した商品が業者から送られてくるので、それを受け取ったら業者との取引は終了となります。

あとは、カード会社へカード決済の代金を返済していきます。

どうでしょうか?

商品券をクレジットカードで買って売るよりも、ずっと良い方法であると思ったのではないでしょうか。

これからの時代、ネットでクレジットカード現金化の時代なのです。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

商品券クレカ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ