1. TOP
  2. カード会社にバレますか?
  3. 商品券を購入するのにクレジットカードを使うのですか?ヤバいですよ?
クレジットカード現金化マニュアル

商品券を購入するのにクレジットカードを使うのですか?ヤバいですよ?

商品券をクレジットカードで購入して転売すると言う方法で現金を得ることはできますが、特に商品券の転売はヤバい方法なのです。

では、なにがどうヤバいのか、それを避けるためにはどうすればよいのかをここでは解説していきます。

クレジットカード現金化口コミ  

商品券をクレジットカードで購入するのはもう古い

商品券購入クレカ

クレジットカードにはキャッシング機能が付いており、これを使うことで現金を手に入れることができます。

しかし、クレジットカードの本来の機能はキャッシング機能ではなくショッピング機能であります。

ついているキャッシング枠といえばおまけ程度の機能となっており、ちょっとお金が足りない時にキャッシング機能を使っていると、すぐに枠を使い果たしてしまいます。

そんなときに便利なのが、クレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化というと、皆さんはどのような方法を思い浮かべるでしょうか。

多くの人が、ブランド品やゲーム機といった換金性の高い商品をクレジットカードで購入して転売すると言う方法や、商品券をクレジットカードで購入して転売すると言う方法を思い浮かべることでしょう。

たしかに、それらの方法で現金を得ることはできますが、特に商品券の転売はヤバい方法なのです。

では、なにがどうヤバいのか、それを避けるためにはどうすればよいのかをここでは解説していきます。

商品券を転売するという方法

商品券購入クレカ

この方法は、商品券をクレジットカードで購入して、金券ショップに転売すると言う方法です。

この方法は現金化業者を通さずに自分で行う方法であるため、業者に支払う手数料を節約できる方法です。

金券ショップでは、様々な商品券を取り扱っています。

商品券と言うと百貨店の商品券が思い浮かぶかもしれませんが、それ以外にも色々なものがあります。

ギフト券、プリペイドカード、旅行券、切手、新幹線の回数券、おもちゃ券などです。

これらの中でも、金券ショップに売った時に特に還元率が高くなるのは、百貨店の商品券と新幹線の回数券です。

ただし、百貨店の商品券はクレジットカードで購入できないことが多いため、現金化のためには新幹線の回数券が利用されることとなります。

新幹線の回数券をクレジットカードで購入して金券ショップに持っていくと、還元率95~98%で買い取ってもらえるため、かなり効率よく現金化を行うことが可能です。

しかし、商品券をクレジットカードで購入して売ると、後述する通りヤバいことになります。

商品券をクレジットカードで購入するとヤバいことになる

商品券購入クレカ

商品券をクレジットカードで購入すると、どのようなヤバいことになるのでしょうか。

まず、金券ショップのなかには悪質な金券ショップがあることです。

金券ショップによっては、客を見て還元率をごまかすことがあるのです。

客を見て、その客に余裕がなさそうだと判断した場合には、低めの還元率で計算し、通常の買取価格よりも低価格で買い取ろうとしてくるのです。

しかし、これは事前に情報収集をして還元率を調べておき、買い取りの際に低価格で買い取りが行われていると思われた場合には、他の金券ショップで売ることで回避できます。

本当にヤバいのは次に述べるものです。

それは、商品券のように換金性の高い商品をクレジットカードで購入すると、カード会社に警戒されると言うことです。

現金化目的で商品を購入すると言う行為は法でこそ規制されていないものの、クレジットカードの利用規約では禁止されています。

実は、クレジットカードで何らかの商品を購入した時には、その商品の代金をカード会社に対して完済するまでは、商品の所有権はカード会社にあるのです。

そのため、転売してしまうという行為はカード会社に所有権があるものを現金化目的で利用することになり、利用規約ではこれを禁止しています。

つまり、カード会社への返済が終わればその商品を売ろうと本人の勝手ですが、最初から転売目的でクレジットカードを利用するのはダメだと言うことです。

もし、現金化目的でクレジットカードを利用したことがカード会社にばれると、クレジットカードを利用停止にされるのはもちろんのこと、残債の一括請求をされてしまいます。

中でも、新幹線の回数券はその換金性の高さから、カード会社が特に警戒しているものです。

商品券購入クレカ

もし複数枚を一度に購入する、短期間のうちに何度も繰り返し購入するなどの不自然な購入方法をしていれば、即利用停止になることもあります。

百貨店の商品券がクレジットカードで購入できないのも、このことと関連しています。

新幹線の回数券は1つづり6枚セットになっており、値段は数万円するものです。

それをまとめて購入すれば、10万円以上になることもあるでしょう。

クレジットカード現金化を利用する人というのは、急場しのぎの現金が必要なほどにお金に困っている人と相場が決まっているものです。

そのような人が、10万円以上もの利用をし、残債一括請求された時、はたして返済ができるでしょうか?

もし返済ができなければ信用情報機関に瑕疵が残り、今後の人生に多大なマイナスとなります。

だからこそ、商品券をクレジットカードで購入して転売するのはヤバいのです。

また、商品券ではありませんが、ブランド品やゲーム機の転売にも同じことが言えます。

同じ商品をいくつも購入すると、転売目的ではないかとカード会社に警戒されることとなります。

さらに、商品券に比べると還元率も高くないため、あまりメリットはないでしょう。

では、どうすればいいのか

商品券購入クレカ

上記の通り、商品券をクレジットカードで購入して転売するのはヤバい方法です。

ならば、お金が必要であり、尚且つ新たにカードローンからの借入をしたくない場合にはどのようにすればよいのでしょうか。

おすすめは、クレジットカード現金化業者を利用する方法です。

この方法は、インターネットでクレジットカード現金化業者に申し込みを行います。

そして、業者指定のキャッシュバック付き商品をクレジットカード決済で購入することによって、キャッシュバックとして現金を受け取ると言う方法です。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

業者を通すメリット

商品券購入クレカ

この方法には、様々なメリットがあります。

リスクの回避

この方法では、キャッシュバック付き商品を購入してキャッシュバックを受け取ります。

商品は手元に残り、転売することもないためカード会社の所有権を侵害する恐れがありません。

いわば、家電量販店でクレジットカードを用いて家電を購入し、ポイントバックを受け取るのとなんら変わらない方法で、利用規約に違反しません。

そのため、カードの利用停止や残債一括請求を受けるリスクを回避することができます。

利便性

商品券購入クレカ

今は大抵の現金化業者がインターネットでサイトを開設して営業しているため、オンラインにより24時間申し込みが可能となっています。

さらに、そのような業者の中には24時間営業をしている業者もあります。

ネットバンクの口座を持っていれば夜間でも土日祝日でも振り込みの対応をしてもらうことができます。

また、オンラインで手続きから振り込みまでを行うことができるため、店舗に来店する必要もありません。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

審査不要

業者を通すため審査があると思っている人もいるかもしれません。

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではなく、消費者金融のような融資ではありません。

面倒な審査や手続きはなく、クレジットカードと身分の確認ができれば誰でも問題なく現金化することができます。

入金までのスピード

ウェブから申し込みを行い、クレジットカードと身分の確認の後、カード決済を行うとキャッシュバックを受け取ることができますが、申し込みから入金までが非常にスピーディです。

速さを売りにしている業者であれば、数十分での入金も可能となります。

また、多くの業者では即日振込と後日振込でプランを分けており、後日振込になると入金までに1週間ほどを要することもあるものの、還元率が少し高くなります。

自分が入金までにどれくらい待てるのかを考え、うまく使い分けることができます。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

利用の流れ

商品券購入クレカ

それでは、利用の流れを見ていきましょう。

事前に準備するもの

申し込みをスムーズに行うために、まずは必要なものを事前に準備しておきましょう。

といっても、必要なものは多くありません。

必要なのは身分証明書、振り込み先となる銀行口座、そして自分名義でショッピング機能がつかえるクレジットカードだけです。

身分証明書は必須と言うわけではなく、業者によっては提出を求めない場合もあります。

しかし、多くの優良業者では初回の申し込みの場合には、クレジットカードの不正使用を防ぐために提出を求めているため、準備しておくとよいでしょう。

使える身分証明書は、運転免許証、パスポート、保険証などです。

これらのコピーをとって、FAXやメールで送ることによって、身分証明書の確認は完了します。

このことと関連して、注意したいのは、クレジットカードのコピーは必要ないと言うことです。

悪徳業者の中には個人情報取得詐欺を行っている業者があり、そのような業者ではクレジットカードのコピーを求めてくる場合があります。

そのような求めには応じないようにしましょう。

申し込み

商品券購入クレカ

次に、申し込みたい現金化業者を選んでサイトにアクセスし、還元率や使えるクレジットカードの種類、その他注意事項をチェックします。

問題点がなければ、申し込みフォームに進んで必要事項を記入していきます。

必要事項は業者によって異なりますが、主な入力項目は名前、メールアドレス、電話番号、希望の利用額、電話連絡を希望する時間帯等になります。

それらを入力して送信したら、業者からの電話連絡を待ちます。

カードによる決済

電話連絡が来たら、希望額やカードブランドの種類を聞かれるので答えます。

そして還元率や業者のシステムなどに関する説明を受けたら、最終的にサービスを利用するかを決定します。

条件に納得がいけば手続きに入ります。

その時、振り込み先の口座番号と身分証明書のコピーを提出します。

その後、メールでカード決済に関する案内が来るため、案内に従って指定のキャッシュバック付き商品をカード決済で購入します。

入金

商品券購入クレカ

カード決済が終わったことを業者側が確認したならば、業者は振り込み手続きに移り、指定口座へ手数料を差し引いた金額が振り込まれます。

後日、業者から購入した商品が配送されるので、それを受け取ったら業者との取引は終了となり、決済した代金をカード会社に返済していきます。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ