1. TOP
  2. 現金化の雑学
  3. クオカードをクレジットカードで購入する3つの方法と換金時の注意点
クレジットカード現金化マニュアル

クオカードをクレジットカードで購入する3つの方法と換金時の注意点

 

昔から現金と同じような使い勝手が人気のクオカード。

全国およそ57,000店舗で使えるとあって利便性も高いことからギフトとして用いられることもありますが、クオカードをクレジットカードで購入できないのかと考えている人、実は多いのではないでしょうか?

 

クレジットカード現金化の一環として、利便性の高いクオカードであれば…と考える人がいても何ら不思議ではありませんが、クオカードをクレジットカードで購入できるのかや、注意点等も踏まえてチェックしてみました。

 

クレジットカード現金化口コミ

クオカードは公式ショップでクレジットカード購入不可

結論からお伝えすると、公式ショップからの購入の場合、残念ながらクレジットカードによる購入はできません。

しかし、よくよく条件を見てみると、実はクレジットカードで購入できる方法が隠されていることが分かります。

 

クオカードを購入する方法は3種類あります

存在そのものは多くの方がご存知かと思いますが、そもそもクオカードはどこで購入できるのでしょうか。

何となく見かけることはあっても、自分で購入した経験がないという人も珍しくないかと思いますが、クオカードの購入方法は以下の3種類となっています。

  • QUO加盟コンビニエンスストアでの購入
  • クオカード社指定の販売店での購入
  • クオカード社への直接注文

 

さらに、クオカードの公式ホームページを見ると、支払方法は銀行振り込みか代金引換が紹介されているのみです。

また、同じく公式ホームページに「クレジットカード決済での販売は行っていない」と明記されていますので、基本的にはクレジットカードでの購入ができません。

 

見落としがちだが一部のクレジットカードで購入可

公式ホームページにて「クレジットカードでの購入ができない」と明言されているものの、同じく公式ホームページにて以下の様な文面があります。

当社ではクレジットカード決済での販売は行っておりません。

株式会社ジェーシービーが発行する「JCB-QUOカード」でしたら、同社のウェブサイトからJCBカードによるクレジットカード決済でご購入いただけます。

⇒JCB-QUOカードのご購入(取扱額面:500/1000/3000円券)

また、ファミリーマート店頭では、「ファミマTカード」によるクレジットカード決済でQUOカードがご購入いただけます。

引用元:QUOカード(クオカード) : FAQ

つまり、「どのクレジットカードでも購入できる」訳ではないものの、一部のクレジットカードであれば購入できると明言されているのです。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

クオカードが購入可能なクレジットカードは限られている

公式ホームページでも明言されているように、一部のクレジットカードであればクオカードを購入することも可能です。

ではその「一部の」クレジットカードとはどのブランドなのかなど、細かい点もチェックしてみるとしましょう。

 

JCBカードはクオカードのクレジットカード購入が可能

公式ホームページにも明記されているように、JCBが発行している「JCB-QUOカード」であればJCBのWEBサイトからJCBカードにてクオカードの購入が可能です。

500円券、1,000円券、3,000円券の3種類の額面が用意されており、10枚セットでの購入も可能です。

 

JCBカードにてクオカードを購入する際の注意点

JCBのサイトからの場合、JCBカードでの購入が可能ですが、注意すべき点がいくつかあります。まず、カード番号の最初の4桁は以下のもののみです。

  • 3540~3543
  • 3550~3553
  • 3573~3574

これ以外の最初の4桁のJCBカードの場合、残念ながらJCBカードではあってもクオカードを購入することができません。

また、発行手数料がかかります。こちらは500円(税抜き)です。

 

ちなみに実は電話での注文でも可能なのですが、電話の場合は740円(税抜き)の手数料がかかります。

支払方法は通常の買物同様、1回払い、ショッピングリボ払い、ショッピング分割払いの中から好きな方法が選択できますが、ショッピングリボ払いとショッピング分割払いが選択できないカードもあります。

 

ファミマTカードではお得にクオカードをクレジットカード購入できる

公式ホームページにもあるようにファミマTカードでもクオカードの購入が可能です。さらに、ファミマTカードの場合、ただ単に購入できるだけではなく「お得に」購入することが可能です。

JCBカードの場合、あくまでも「購入が可能」なだけですが、ファミマTカードの場合、Tカードならではなメリットを受けた上で購入することが可能です。

 

ファミマTカードでクオカードもポイント還元

ファミマTカードと言えば様々なポイント還元が魅力のカードですが、クオカードの購入に当たってもそれらの特典は健在です。

 

まずは通常通り、ショッピングクレジット200円につき1ポイント還元。

これだけでもお得ですが、さらにクオカード10,000円分は180円分が上乗せされますので、実質的に1.8%の還元率アップ。

そして、クオカードをファミマで利用する際、ファミマTカードを提示するだけでさらに1%の還元。合計で実質3.3%の還元率となります。

 

ファミマクオカードには500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円が用意されています。この際、ポイントとなるのが販売価格と利用可能額です。

券の種類 販売価格 利用可能額
500円券 530円 500円
1,000円券 1,040円 1,000円
2,000円券 2,000円 2,000円
3,000円券 3,000円 3,000円
5,000円券 5,000円 5,070円
10,000円券 10,000円 10,180円

上記のように5,000円券、10,000円券の場合のみ購入金額よりも利用金額が増えますので、クレジットカードで購入するのであれば、5,000円券、あるいは10,000円券を購入するとお得です。

 

逆に500円券、1,000円券の場合、購入金額よりも利用金額の方が少ないので

実質的な還元率を低くしてしまいますので、還元率にこだわるのであれば10,000円券か5,000円券にすべきです。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

どちらのカードも無ければセブンイレブンでクオカードを購入

JCBカードかファミマTカードを持っているのであればクレジットカードでクオカードを購入することが可能なのですが、裏を返せばいずれかのクレジットカードを持っていない場合、クレジットカードでクオカードを購入することができません。

 

しかし、とある方法を駆使することで「実質的に」クレジットカードにてクオカードを購入することが可能です。

それはセブンイレブンにて「とあるもの」を駆使することで購入できるようになります。そうです、nanacoです。

 

nanacoならクオカードも購入できる

セブンイレブンにて利用できる電子決済、nanaco。

こちらを活用することで、実質的にクレジットカードにてクオカードを購入することが可能です。

 

nanacoは、チャージしておくことで本来はクレジットカードで支払うことができない国民年金や国民保険などの支払いも可能になる有能な一枚です。

そんなnanacoへのチャージはクレジットカード経由でも可能なので、「実質的に」クレジットカードにてクオカードを購入することができるという話です。

 

また、ただ単にクオカードを購入するだけではなく、nanacoへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードであれば、チャージの段階でもポイントが還元されるのでお得です。

 

ちなみにnanacoへのチャージで還元されるクレジットカードとnanacoへのチャージの還元率は以下になります。

  • リクルートカード(JCB):1.2%
  • Yahoo!JAPANカード(JCB):10%
  • セブンカード・プラス:0.5%
  • セディナカード:0.5%

セブンイレブンで扱っているクオカードも先の表と同じものになりますので10,000円のクオカードであればリクルートカードの1.2%に加え、カードそのものの差額として1.8%の合計3%の還元率となります。

 

すべてのクレジットカードでお得になる訳ではないので注意

上手く活用することで実質的にクレジットカードで購入できるだけではなく、高い還元率も活用できるなどお得なnanacoですが、これらはあくまでも「ポイント還元できるクレジットカードであれば」の話です。

 

nanacoへのチャージは他にも様々なクレジットカードで行えますが、チャージした際にポイントが付帯されるのは先に紹介したクレジットカードのみです。

そのため、お持ちのクレジットカードでチャージしても、ポイントが生まれません。

 

それでも良いからクレジットカードで購入したいという人もいるかもしれませんが、「よりお得に」と考えると、どうしても「お得になる人が限られている手法」になってしまいます。

 

【注意】換金が目的ならコンビニ購入のクオカードは不向き

自分自身でそのままクオカードを使うのであればこれまでにご紹介した方法で良いのですが、「換金」となると話は変わります。

クオカードは利便性の高いものですが、換金となると不便極まりないものです。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

コンビニで購入したクオカードは多くの買取業者で「買取不可」

自分でそのまま金券として利用するのであればクオカードはとても便利ですが、現金化・換金となると話が変わります。

なぜなら、多くの金券ショップではコンビニで購入したクオカードの買取をNGとしています。

 

 

「どこで購入したのかまで分からないでしょ?」と思う人も多いかもしれませんが、コンビニで購入したクオカードは裏面の固有番号の先頭2桁が「00」です。

先頭2桁が「00」のクオカードはPOSAシステム同様、購入時、コンビニのレジにて発券処理を行うことで利用できるようになります。

 

しかし、磁気情報が付与されたのかは見ただけでは分かりません。そのため、金券ショップとすると、買取りNGにせざるを得ません。

買取ったものの、磁気情報が書き込まれていなければ「使用できないクオカード」になりますので、金券ショップ側としてもリスク回避として買取不可としています。

 

つまり、これまでファミマやセブンイレブンでの購入について説明してきましたが、自分で使うのであれば良いのですが、換金目的となれば、コンビニで購入してはならないことになります。

 

クオカードを換金したいのであれば公式サイトからの購入

もしもですが、それでもクオカードの換金にこだわるのであればJCBのサイトからJCB-QUOカードをJCBカードで購入するのみとなります。

つまり、JCBカードを持っていない人にとってはクオカードの換金はそもそも無理な話ということになります。

 

JCBカードを持っているとしても、公式サイトでの購入の場合どうしても時間がかかりますので、即金でと考えている人にとっては、そもそもクトカードの換金そのものを考え直した方が良いでしょう。

 

まとめ

クオカードの特徴について検証してみましたが、自分自身で「金券」として利用するのであれば決して悪いものではありません。

利用店舗数の多さ、取得難易度、さらには5,000円券や10,000円券に於ける高還元率など魅力は多々あります。

 

しかし、現金化・換金となると話は全く変わります。

コンビニで購入したクオカードが金券ショップでの買取NGとなってしまっている以上、気軽さはありません。

ましてや近年、クレジットカード現金化業者であれば即時の換金が可能であることを考えると、「換金目的」として考えるとクオカードにこだわる必要性は決して高くはありません。

 

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ