1. TOP
  2. カード会社にバレますか?
  3. バレるの?違法なの?逮捕されるの?クレジットカードの現金化
クレジットカード現金化マニュアル

バレるの?違法なの?逮捕されるの?クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化をする時に、バレてしまわないか心配になると思います。

どういったユーザーが現金化を疑われてしまうのか?現金化は違法なのか?

気になる疑問を調べてみました。

クレジットカード現金化口コミ  

クレジットカードの利用履歴に要注意

バレルとどうなるクレカ現金化

クレジットカードの現金化が一般的になったことで、雑誌やインターネット上で広告を目にするようになりました。

このサービスはクレジットカードのショッピング枠を現金化するもので、業者の指定する商品をインターネット上でカード購入し、それに対してキャッシュバックという方法で現金が振り込まれます。

中にはこのようにして購入した商品を業者が買い取ることで、利用者に現金が入るシステムもあります。

ここで考えなければならないのはカード会社からのペナルティです。

こういったサービスを利用することはカード会社の利用規約に反することですので、カードの利用停止などのペナルティが課せられることもあります。

カードが利用停止になってしまうとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、再度クレジットカードの現金化も出来なくなってしまうのです。

こうなってしまうと急に現金が必要になった際にピンチになってしまいます。

それでは、どのような使い方をするとカード会社にバレてしまうのでしょうか。

バレルとどうなるクレカ現金化

カード会社には数多くの方が登録しており、その利用状況は常にリアルタイムでカード会社が把握しています。

これだけ数が膨大になってしまうと、どのユーザーがクレジットカードの現金化をしているか分かりません。

そこで、カード会社は現金化の疑いのある利用履歴をピックアップするシステムを採用しています。

これによって疑いのあったユーザーに対し、カード会社はカードの利用停止などのペナルティを課すことがあるのです。

それでは、どういったユーザーが現金化を疑われてしまうのでしょうか。

多くのカードにはキャッシング機能が付属していますが、中でもキャッシング枠が限界に達しているユーザーは疑われてしまいます。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

現金が必要になった方はカードのキャッシング枠を利用して現金を手にしますが、それにも限界があるもの。

それ以上に現金が必要となった場合、ショッピング枠の現金化をするのです。

そのため、カード会社はキャッシング枠が限界に達しているユーザーは、要注意人物としてマークをしています。

こういったユーザーをピックアップすることは容易ですので、キャッシング枠が限界に達している方は注意しましょう。

そして、こういったユーザーが怪しいカードの使い方をすると、カード会社にすぐにその情報が伝わってしまいます。

この状態で現金化をすることは、カード利用停止のペナルティの対象となってしまうと考えておきましょう。

現金化がバレやすい使い方

バレルとどうなるクレカ現金化

カードのキャッシング枠が限界に達している方は、カード会社からクレジットカード現金化の予備軍としてマークされています。

もちろんこのような状態だったとしても、カード会社の利用規約に反するものではありませんので、そのままカードを利用することが出来ます。

しかし、その状態で不審な利用の仕方をしてしまうと、カードが使用停止になってしまうのです。

それでは、どのような利用をするとカードが使用停止になってしまうのでしょうか。

中でも換金率の高い商品を大量購入してしまうと、使用停止の対象になってしまいます。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

換金率の高い商品とは新幹線の回数券や商品券などで、これらは金券ショップに持ち込むと95%ほどで買い取ってもらえます。

そのため、こういった金券を大量に購入するとカード会社から不審がられてしまうでしょう。

さらに、金券以外の商品の中にも換金率の高いものがあります。

特に人気ブランドの高級腕時計はいつの時代も換金率が高いので要注意です。

そもそもキャッシング枠が限界に達しているカードユーザーは、その時点でお金に困っています。

そのため、このような高級腕時計を購入することは不自然なのです。

バレルとどうなるクレカ現金化

キャッシング枠が限界になっている方は、カードの使い方に注意しましょう。

さらに、キャッシング枠が限界に達していなくとも、これまでの利用履歴によって怪しまれることもあります。

特にこれまで換金性の高い商品を何度もカード購入している方は、カード会社からマークされていると考えましょう。

これが理由となってカードの使用停止が課せられることもありますので、注意してください。

しかし、不審なカード利用をしたからといって、それが現金化をしているという証拠はありません。

そのため、不審な利用の仕方をしているがペナルティを課すほどではない、という方も数多くいます。

実際に業者を通して現金化をしているかどうかは、もっと厳密に調査しなければ分からないものなのです。

カード会社は“疑わしきは罰せず”というスタンスですので、実際に使用停止になることは稀です。

さらに、怪しいカード利用をするユーザーをひとりひとり罰しているときりがありません。

しかし、もしものことを考えると不安になってしまいます。

そのため、キャッシング枠は非常時にだけ使う、換金率の高い商品はなるべくカードで買わない、などを心がけましょう。

こういった使い方を徹底することで、カード会社から怪しまれる可能性は低くなります。

クレジットカードの現金化は違法?

バレルとどうなるクレカ現金化

一般的になりつつあるクレジットカードの現金化ですが、これはカードのショッピング枠を現金にするものです。

このサービスは消費者金融のキャッシングとは異なるシステムで、二種類の方法があります。

ひとつの方法は業者の指定する商品をカードで購入をします。

この商品にはキャッシュバック効果があるため、キャッシュバック分だけの現金を受け取ることが出来ます。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

もうひとつの方法は買い取り方式と呼ばれるもので、業者の指定する商品をカードで購入をして、それを業者に買い取ってもらうというシステムです。

どちらも同じようなシステムに感じますが、買い取り方式を採用している業者が逮捕されたことがあるのです、買い取り方式にどのような違法性があるのでしょうか。

買い取り方式の業者が逮捕されたのは2011年の8月のことです。

逮捕された理由として、買い取り方式を採用している業者が警視庁に“事実上の金融業者”としてみなされたため、となっています。

金融業者として営業を行うには申請が必要ですが、それを行っていなかったため貸金業法と出資法違反で摘発されてしまいました。

バレルとどうなるクレカ現金化

警視庁は「ショッピング枠を現金化目的のために利用させることは、ショッピングを装った貸し付けである」と判断したのです。

さらに、貸金業者として営業を行う場合は、貸金業法と出資法の上限金利以下で貸し付けを行わなければなりません。

しかし、買い取り方式の業者のサービスを金利として計算すると、出資法の金利を遥かに超えたものになっていたのです。

しかも、買い取り方式の業者は古物商の許可しか得ていません。

2011年の8月に初の摘発がありましたが、その後も同様のサービスを行う業者が摘発されています。

すべて貸金業法と出資法違反が理由です。

そのため、買い取り方式を採用している業者はほとんどありません。

多くの業者はキャッシュバック方式を採用しています。

キャッシュバック方式の流れは、業者の指定する商品をカードで購入すると、それに対して業者からキャッシュバックが行われます。

利用者はカード会社に支払いをするシステムです。

このキャッシュバック方式は家電量販店のポイントバックシステムと同様ですので、業者が摘発されたケースはありません。

厳密にはこのポイントバックシステムを取り締まる法律が無い、という状況です。

そこに目をつけた業者がキャッシュバック方式を始めました。利用する側としても摘発の恐れの無いシステムの方が安心出来ます。

利用者の逮捕の可能性

バレルとどうなるクレカ現金化

クレジットカードの現金化を行う業者は増加していますが、買い取り方式とキャッシュバック方式の二種類がありますが、買い取り方式を採用している業者が2011年の8月に摘発されてしまいました。

買い取り方式とは業者が指示した商品をカードを用いて買い、それを買い戻してもらうことで、現金化を行う方法です。

しかし、これは事実上の貸金業者と同じことですので、貸金業法と出資法違反で摘発されてしまったのです。

キャッシュバック方式は家電量販店のポイントバックシステムと同様で、カードで購入した商品に対してキャッシュバックが行われます。

キャッシュバック方式でこれまで業者が摘発されたケースはありません。

そのため、現在はキャッシュバック方式が一般的となっています。

また、クレジットカード現金化業者のホームページに、公安委員会から許可を得ている、という表記がある場合があります。

これによって問題が無いようなイメージを受けますが、これはあくまで古物商としての許可を得ているだけです。

つまり、クレジットカードの現金化の許可を得ているわけではありませんので注意しましょう。

バレルとどうなるクレカ現金化

こういった表記をしている業者でも、買い取り方式が理由で摘発されてしまうことはあります。

こういったサービスをする上で気になることとして、利用者が逮捕されることはあるのか、という部分でしょう。

これまでに業者が摘発されたことを考えると不安になってしまうもの。

しかし、これまでに利用者が逮捕されたケースはありませんが、完全に法律に触れていないというわけではありません。

カードで購入した商品の代金をカード会社まで支払うまで、その商品の所有権はカード会社にあります。

つまり、カード会社が立て替えているという状態です。

そのため、所有権がカード会社にある商品を営利目的に利用してしまうと、横領罪に触れてしまう可能性があります。

さらに、クレジットカードを作成する際、カード会社からの規約に同意しなければなりません。

その規約には、カードはショッピングのみに使用する、と書かれています。

そのため、それ以外に使用することはカード規約に反しており、詐欺罪に触れることがあるのです。

もちろん、クレジットカードの現金化もそれに含まれます。

こういったサービスを利用することでこれまで逮捕された例はありませんが、警察が検挙しようと思えば検挙出来ることなのです。

そういったことを理解して利用しましょう。

利用者が逮捕されない理由

バレルとどうなるクレカ現金化

クレジットカードの現金化を利用するにあたり、横領罪や詐欺罪に問われる可能性がありますが、これまでに利用者が逮捕されたケースはありません。

これはなぜなのでしょうか。最も大きな理由はひとりひとりを検挙する暇が無いということです。

連日多くの方がこのサービスを利用しているため、その人数は膨大になります。

さらに、こういったサービスには悪意が無いという部分もあります。

例えばゴミのポイ捨ても法律に触れる行為ですが、それをいちいち警察が検挙しないのと同じなのです。

警察はカード会社の対応に任せているということが現実です。

安心してこのサービスを利用しましょう。

しかし、クレジットカードの現金化で逮捕されることはありませんが、カード会社からのペナルティに注意しましょう。

これがカード会社に見つかってしまうと、カードが使用停止になってしまうのです。

これはカードを作成する際の利用規約にも書かれていることですので、使用停止になったとしてもそれに従うしかありません。

こうなってしまうとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、これ以上の現金化も出来なくなってしまいます。

それを理解した上で利用しましょう。

バレルとどうなるクレカ現金化

また、買い取り方式とキャッシュバック方式がありますが、買い取り方式の方がカード会社に見つかりやすい傾向にあります。

これだけのリスクの可能性がありながら、クレジットカードの現金化をする方が多いのはなぜでしょうか。

それは消費者金融のキャッシングよりも申し込みが簡単という部分です。

消費者金融の場合は必ず審査があり、場合によっては職場に本人確認の電話があります。

さらに、この審査に通過しなかったらキャッシングは出来ません。

それとは逆にクレジットカード現金化の場合は審査がありません。

自分名義でショッピング枠の残っているカードであれば、すぐに利用することが出来るのです。

さらに、カードでショッピングしたことと同様ですので返済先はカード会社になり、家族にバレる心配がありません。

消費者金融の場合は書類が自宅に郵送されるので、家族にバレてしまうのです。

さらに、自宅に居ながらすべての契約が出来るため、すべての手続きを人に見つかることがありません。

多くの方は他人に知られたくないと考えるため、クレジットカードの現金化はありがたいサービスなのです。

さらに、カードショッピングですので一括返済が難しい場合は、後からリボ払いや分割払いにすることも可能です。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ